1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

備忘録

fu_fu2527さん

日本は自己肯定感高いと叩かれるので、みんな低い人を演じる。 米は自己肯定感低いと憐れまれ蔑まれ無視されるので、みんな高い人を演じる。

アリアナ・グランデさんの件。日本に短期の旅行で訪れたりして興味が膨らんだものの、いざ一ヶ月の長期で訪れるなど深く関わると辛くなっていってしまった何人かの知り合いを思い出しました。その主な理由はどの場合も、日本人のサービスなどの表向きの気遣いの裏にある現在の日本人の冷たさです。→

これは、世界の流れと逆行し、現在の日本人が「他人への尊重」という多様性が鍵となるこれからの時代に必要な要素を失いつつある事が原因だと思います。その尊重のないまま表向きのもてなしは力を入れるので、最初は尊重されていると感じても、その後反対の体験を繰り返し困惑するのだと思います。

おもてなしを担当してるのは、、、

そう言えば、、感謝祭の晩餐に伺ったお宅には日本人男性が3名ほど招かれていたが、米人男性がせっせと料理し手伝うのをよそに日本男は一人も席を立たなかった。皿を下げることすらしなかった。「にほんじんだんせい、てつだうと しにますか?」とこぐまのケーキ屋さん風に尋ねたくなるレベルだった。

日本って「空気を読まない」とよく叱られるけれど、アメリカ人はこういうとき、ちゃんと空気読んでますよね。夫の家族の感謝祭の集まりでも義弟たちがお皿を下げてました。 twitter.com/YoWatShiinaEsq…

親切をする相手を選んでる?

イギリス人の娘のBFは日本に来る度に気味悪く思う事があるらしい。何故日本人は「白人」に異様なまでに親切にしてくれるのか?と。親切は有難いが、親切度が他の外国人とは異なる事が分かるらしい。この無意識の線引きこそ日本を象徴しているのかも、と言おうとしたけど止めた。恥ずかしいから。

日本って面接に来た人にあんまり優しくしないのはなんで?中国の会社に面接に行った時、「お水とお茶どっちがいい?暑くない?大丈夫?」とか気遣ってもらえて面食らった その後、台湾の会社の面接でもニコニコ迎えられて雑談の様な面接で大笑いまでした。 その後の日本の会社…心折れるかと思った

ビジネスで面談するときも日本だとお茶も出されないことあるけど、中国だとペットボトルの水かお茶(加糖が多い)くれるし台湾だとタピオカ入りミルクティーとか出てくるし日本はオモテナシの相手をめっちゃ選ぶよね twitter.com/jasmine492339/…

@Jasmine492339 日本には上下関係が出来た途端、下の者にはある程度ぞんざいに接しても構わないという雰囲気があると思います。「うちの会社を志望するあなた」という時点で少し上下関係でいうところの下の立場に該当するのでは。ヨーロッパも面接に来てくれた人には優しいです。

面接は受けた事ないけどアメリカに研修で行った時 担当スタッフ(その分野の有名研究者)がコーヒー入れてくれたりランチに誘ってくれたり… 気遣いすごくて居心地よかった 余談だけど昔日本で派遣で働いてて「派遣さんはあっち」と同じテーブルでお昼食べさせてもらえなかった事思い出した\(^o^)/ https://t.co/DIoeWs11x5

リプライ読んでみて少し分かった。なぜ高圧的な面接をするのか。採用後に理想的な奴隷になれるかどうか、奴隷メンタルを持ってるかどうかの確認のために圧力かけて試してるんですね。物言わぬ奴隷を選別するため、ムチ打たれた時に反抗しない人物かどうかを判断するための方法が高圧的な面接って事か。

日本は見返りのある相手か、身内にしか親切にしない所があるのがさみしいですよね。しかも親切にされたらお返ししなきゃいけないし。 特に女性は男性に親切にされたらお返ししなきゃってなりがちだけど、日本の外に出たら、みんな親切にしてもらいっぱなしでした。女性は女性として親切を享受してた。

協調性が高い?

日本で外資企業に勤めていた時、全世界みんなで知恵を絞って、共有できるものは共有して全体最適する文化だったんだけど、日本は協調性がめちゃなかった。「あいつらに日本のことなんかわかりっこない」が口癖で、日本だけの独自のやり方を主張して本社に承認させると「手柄」として賞賛された。

色んな国があってわからないこともたくさんあって苦労が多いけど、対話を続けて全体最適と世界コミュニティの利益のために努力するのではなく、「どうせみんな日本のことなんかわからないんだから抜けてやる!」なのね、日本って。IWC脱退も根は同じ。

あ~これ、すごくよく分かる。これで「日本人は協調性が高い民族」って信じてるから性質が悪い。 https://t.co/36qeResPRz

日本人は…勤勉?

diafeliz.blog79.fc2.com/blog-entry-108… 「日本人は勤勉だ」と自分で言う日本人が多いですよね。 ほんとなのか? もしや「勤勉」だと国に思い込まされてるのかも 勤勉は国益や会社の利益になりますからね 寝させないようにする拷問方法もあるように人間は睡眠を削られるとだんだん思考できなくなってくることも

「あなたのため」といって「ただ働き」or「超低賃金労働」をさせるのが、小学校以来刷り込まれた日本文化か?

無意識だとしても

フィンランドに日本酒を輸入する仕事をしている大の日本好きの友達が「日本は大好きだけど、人種やジェンダーに関しての人権意識が低いから過ごしにくい」と言ってた。彼は友達カップルと二人で旅行した時、全員フィンランド人だったのに明らかに見た目で対応を変えられたことがショックだったようだ。

友達カップルの男性の方は金髪で、女性はアフリカ系のフィンランド人だった。フィンランドでは当たり前にアフリカ系だろうとアジア系だろうとその人固有の美しさを称える文化があるけれど、日本では彼女の方だけいつも下に扱われたり明らかに冷たい対応をされたという。

また、友達自身は南米ハーフのフィンランド人なので、何人?と尋ねられてフィンランド人というと答えるたび、「えー、わからなかった」「あまりフィンランド人ぽくない見た目だね」と言われて困惑したと。フィンランドに来たこともない人たちから。偏った先入観でものを見る人が多すぎると言っていた。

金髪碧眼だったら「フィンランド人ぽい!」と言われるのかと思うとゾッとすると言ってた。彼らにそういう対応をする人たちはもし逆に、「目が細くてメガネかけてて出っ歯じゃないから日本人ぽくない」と自分たちが言われたどんな気分がするか考えてみてほしいと思った。

「何故日本は人種やジェンダーの人権意識が低いの?」と友達に聞かれるたび答えに困る。理由は一つではないから。儒教の影響による年功序列や家父長制によって、年配の男性は偉そうにしても良いという価値観が強いこと、英語教育がちゃんとしてないので移民も少なく、意識が国際化されてないこと、

単一民族国家の幻を持つ人が多いため、少しでも異なる特徴や出自を持つ人を明らかに差別・排除しようとする人が多いこと(元々色素が薄い髪を持つ人に対して髪を黒く染めさせるなどの校則、またアイヌや部落、在日朝鮮人への終わることのない差別)、ルッキズム(見た目至上主義)、白人至上主義など…

1 2