1. まとめトップ

ほうれい線を消すクリームはどれがおすすめ?

年齢を重ねるごとに気になってくるほうれい線。そんなにっくきほうれい線はクリームで目立たなくさせてしまいましょう♪でもどんなクリームを使ったらいいか分からないといった方も多いと思います。そこでほうれい線にお悩みの方におすすめのクリームを厳選して紹介します。

更新日: 2018年12月21日

7 お気に入り 42951 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ディセンシア アヤナス

ほうれい線を消すクリームと言えば、敏感肌のエイジングケアに着目したセラミド保湿化粧品である、ディセンシアアヤナスASクリームです。

敏感肌の場合、紫外線や乾燥などのダメージを受けやすく肌の老化が早い為、ほうれい線やしわといった肌トラブルが非常に起こりやすいと言えますが、これを防ぐためアヤナスはセラミド保湿と疑似角層技術でバリア機能強化をしてくれ、水分蒸発を防いでくれます。

肌表面にラップで膜を張るかのように、外部刺激を徹底的にブロックしてくれるヴァイタサイクルヴェールの技術を搭載しています。

保湿だけでなく、ハリや弾力を生み出す繊維芽細胞を活性化する働きがあり、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。20種類もの美肌成分が肌のすみずみまで浸透、内側からしっかりとリフトアップし、ふっくらとしたハリ・弾力に満ちた肌へと導いてくれます。

キュレル エイジングケア ジェルクリーム

乾燥による小じわが目立つ年齢を重ねた乾燥性敏感肌に。
肌の上で潤いのベールになる、美容液処方のジェルクリーム。しっとりした使い心地。

潤い成分(セラミド機能成分*1、ユーカリエキス、アスナロエキス)が角層の深部まで浸透。肌に潤いを与えてしっかりとどめ、なめらかでハリのある肌に保ちます。
乾燥による小じわを目立たなくします。
肌のハリ向上成分(保湿剤:ショウキョウエキス、グリセリン)配合。顔全体に潤いのあるハリを与えます。
肌荒れを防ぎます。消炎剤(有効成分)配合。

肌あれを防ぐ消炎剤「アラントイン」を配合。

肌と同じ弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)で、低刺激性の処方となっています。

セリフ プレミアムエナジークリーム

センチぺダクンニンガミ―エキス、アスタキサンチン、
AC-11が肌にハリと弾力を与え、
ヒト型セラミドが自ら潤う肌へ導き、乾燥を防ぎます。

「センチぺタクンニンガミー」は、もともとオーストラリア原住民の間で皮膚の治療などに使われていたハーブで肌の修復能力にすぐれています。ほうれい線の周辺の皮膚をトリーメントしてふっくらさせる効果があります。

合成界面活性剤・合成ポリマー・シリコン・パラベン・合成香料・着色料
が完全無配合にもかかわらず、伸び、コクともに最高級の使用感です。

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

エンリッチリフトEXは独自の美容成分、金のコラーゲンを配合したリフトアップクリームで、知名度の高さはダントツです。

使い心地は非常に濃厚で、肌のハリと潤いを実感することが出来て、ワンランク上のスキンケアが出来るのでとっても贅沢な気持ちが味わえます。

オールインワンタイプなので、化粧水から化粧下地までこれ一つで出来てしまうのも嬉しいですね。朝の忙しい時でも手軽に使えます。

7種類のリフトアップケア成分が外側から肌を引き締めてくれて、金のコラーゲンが内側からしっかりと肌を持ち上げてくれます。

アスタリフトクリーム

富士フイルムのアスタリフトクリームは、独自のハリケア成分「ナノアスタキサンチン」や「ナノリコピン」を配合した美容クリームです。

ナノ化して配合されているので、角層の奥深くまで成分を吸収し、浸透してくれます。

保湿成分もたっぷり配合
アスタリフトクリームには、3種のコラーゲン・ローヤルゼリー・スクワランといった、保湿成分もたっぷりと配合されています。

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

年齢を重ねた肌にハリとうるおいを与えるエイジングケアクリーム。独自の複合成分「QuSome®エイジリカバーコンプレックス」が角層内のすみずみまでじっくり浸透し、肌の表面から角層内の奥深くまでじっくり浸み渡る高保湿を実現します。テクスチャーはリッチそのもの。ゆるみがちだった頬にも、ハリと弾力がもたらす心地よい緊張感がよみがえります。

1 2