超カンタン!カラオケで「歌ウマ感」だせる裏ワザ

忘年会シーズンがやってきました。2次会でカラオケなんてよくある話ですよね…。苦手だけど、行かなきゃ…苦手だけど歌わなきゃ…って方に知ってほしい、「歌ウマ感」が出せるようになるちょいワザをお教えします。

更新日: 2018年11月25日

269 お気に入り 151396 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

歌う直前にすぐ実践できる!

左手の指先を左肩に軽く載せる。次に、そのまま肘で円を描くように左肩を回す(右も同様に)。これで肺に空気がたっぷり入るようになり、しっかりとした声が出せるようになるはず

普通に気持ちのいいストレッチ~!

歌うことは顔の筋肉を使うことです。歌う前の準備として、舌を出したり、変顔をしたりして顔の筋肉を緩めておきましょう

ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父になったつもりで『おい、キタロー』って裏声で発声。その後はすかさず鬼太郎になったつもりで、『なんだい、父さん』と表声で発声

繰り返して練習をすれば、表声と裏声の使い分けが綺麗にできるようにも。

歌うときに意識する“ちょいワザ”

カラオケの備品のマイクは、真上から声を拾うタイプが多いので、口に対して正面を向けるように心がけるといい

立って歌うことで、声の通りはよくなり声量もアップ。加えて、前かがみになることでおなかに余計なリキミが入らなくなり、ムダな息をはくことが抑えられる

前かがみでおなかを押さえて熱唱する歌手を見ますが、まさしく理にかなったスタイル。

カラオケが上手な人には共通点があって、それは曲の『リズム』をしっかりつかんでいること。音程も大事だけれど、それよりも『リズム』を覚える方が上手く聞こえる

好きな歌手の歌い方を意識しつつ、『リズム』に気を配って歌うといいかも!

ちなみに選曲って意識してる?

音域が狭い歌などがいい。歌のリズムもスローテンポは難しいです。バラードとかはやめておいた方が無難

かといって、あまりリズムが速い曲は歌詞がついていけなるので注意。

特に音痴な人は、感情を込めなければならないバラードは避けるべき。みんながシ~ンとして聴くしかなく、しかも突っ込みにくい。間奏が長い曲も“いたたまれなさ”が際立ちます

男性の曲でオススメは、断トツで福山雅治さんです。どの曲も格好いい曲が多いのに、歌いやすいです。バンド系で格好良く決めたいのでしたら、BUMP OF CHICKEN

特に「恋するフォーチュンクッキー」が簡単!

アイドルソングは誰もが楽しく、そして上手に歌えるよう(聴こえる)に作られています。困ったときはアイドルソング

この楽曲は誰もが好感をもつメロディ。メロディ自体は高低の幅も少なく、高音域は発声出来ない、苦しい、ということもない。

明るく元気のいい(女性ならかわいい)声か、落ち着いた大人っぽい声か、まずはざっくりとこの2つのタイプに分けてみると、自分に合う曲を見つけやすい

1