1. まとめトップ

地震が起きた!とっさの対応マニュアル

強い揺れが突然襲ってきたらどうしますか?南海トラフ大地震など、近い将来大地震が起こる可能性は高いといわれています。地震が起きたとき、とっさにとった最初の行動が命を分けるかもしれません。

更新日: 2018年11月21日

5 お気に入り 1620 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめが役に立つと思ったらお気に入り登録をお願いします。

Gunsoさん

あなたは突然強い揺れを感じました。

最初にとる行動 場所別

リビング

出来れば廊下に逃げる。
戸棚や照明器具、大きな家具は落下や転倒のリスクがある。
大きな地震ではこうした家具が転倒することも。地震がきたら、まずこうした場所から離れる。

お風呂・トイレ

基本的に安全。
トイレなどの狭い場所にいた場合、ドアを閉めたまま閉じ込められる危険性がある。
扉だけ開けて脱出経路を確保する。

寝室

照明を消している場合には室内の状況も見えず、慌てて動くとかえって危険。
布団の中でうつ伏せになり、枕で頭部を保護し、揺れがおさまるのを待つ。
行動を起こすときは、懐中電灯を点けて周りの状況を確認し、厚底のスリッパなどを履く。

エレベーター

閉じ込められないようすぐ全階の停止ボタンを押して、止まった最寄りの階で降りる。
地震で閉じ込められると平常時に比べて救出が遅れる可能性がある。

※エレベーターでは窒息しない。絶対にパニックを起こさない。

高層ビルの上階

建物は丈夫で破損しないが、横揺れで家具に襲われる。
数秒の初動で廊下に逃げる。廊下は物置き場にしない。
大きな窓や、窓がたくさんある場所は危険。

地下

地上より圧倒的に安全。停電しても非常用電源で照明は消えない。ショーウィンドウからはなれて太い柱のそばに行き姿勢をかがめる。

海のそば

車は放棄する。
沖に白波が見えたら津波と判断。鉄筋コンクリートのビルの上の階に逃げるか高台に避難。

津波でビルの上に逃げる時はエレベーターは使用しない。
電源が落ちる可能性、余震で閉じ込められる可能性があるので階段推奨。

駅ターミナル

通路ではなるべく壁に寄る。
外に出るのは10分程度待つ。地震から5分まではパニック状態の人が人間ドミノを起こす危険がある。

【注意】

震度が5以上になるとガスは自動的に閉まるので、無理に閉めに行く必要は無い。

動揺して子どもの名前を連呼するとかえって危険。

子どもが呼ばれていると勘違いして台所などに来ると危険度がアップしてしまう。
そういうときは、名前だけを呼ばずに具体的に『クッションで体を守って!』『廊下に逃げて!』など、指示を出す。

避難する前には少し気持ちを落ち着かせる。
慌てて飛び出すと、瓦や割れた窓ガラスの破片などが落ちてくることがあり危険。

新聞など身近にあるもので即席のヘルメットをつくると安全。

夏でも厚手の服を着て避難すると、けがの防止になる。

1