1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

晩婚男性の希望の星!?最近「高齢パパ」になった芸能人

「あのねのね」で一世を風靡したタレントの清水国明が68歳でパパになったことが明らかに。今年は劇作家の野田秀樹が62歳、俳優の石田純一が64歳で子供が生まれるなど「高齢パパ」が話題に。過去には三田村邦彦、市村正親、上原謙、中村富十郎、岡田真澄(岡田朋峰)らも。

更新日: 2018年12月04日

8 お気に入り 33467 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆「あのねのね」で一世を風靡したタレントの清水国明

左から清水国明、笑福亭鶴瓶、原田伸郎

笑福亭鶴瓶とあのねのねは、京都産業大学時代からの仲間で、鶴瓶も鶴瓶の夫人も、結成当初のあのねのねのメンバーだった。

1973年に『赤とんぼの唄』でメジャーデビューするとたちまち大ヒットし、先にブレイクした。

石橋はかつて清水国明と原田伸郎が組んだ「あのねのね」に弟子入り志願したが、田村正和のモノマネがあまりにも似ていないので断られたというエピソードもある。

石橋貴明

◆アウトドア派として知られ、多彩な活動を精力的に行っている

’50年、福井県生まれ。タレント、歌手、作家、実業家、冒険家、ロードレースライダーといくつもの顔を持つ。

芸能界きってのアウトドア派、スローライフ実践者としても知られ、子ども達の生きる力を育むための自然体験イベント等を積極的に実施している。

又、自然と共に生きる自身の経験から、シニアの充実したセカンドライフの提案や、地球環境を考える講演・執筆活動にも精力的である。

◆そんな清水氏が68歳でパパに

68歳のタレント、清水国明に第5子となる男児が誕生していたことが19日、分かった。

2018年11月

◆今年は劇作家の野田秀樹氏も62歳でパパになっていた

劇作家で演出家の野田秀樹氏に第3子となる男児が誕生していたことが、16日までに分かった。所属事務所によると、妻で女優の藤田陽子が、先ごろ出産。

2018年6月

1955年、長崎県生まれ。東京芸術劇場芸術監督、多摩美術大学教授。東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成し、数々の名作を生み出す。演劇界の旗手として国内外を問わず、精力的な活動を展開。

62歳

さんまと92年に離婚した後は演出家の野田秀樹と同居していた大竹。

大竹しのぶ

◆俳優の石田純一氏も今年64歳にして5人目の子供が誕生

俳優の石田純一は、今年4月に妻でプロゴルファーの東尾理子との間に第3子となる次女が誕生。

2018年

俳優の石田純一(64)と結婚後、2012年に長男、2016年に長女、今年4月に次女と、3人の子どもを出産している東尾。

石田にとっては5人目の子供。

前妻、前々妻の間に芸能人のいしだ壱成とすみれがいる

◆俳優の三村邦彦氏は61歳で第4子が誕生

2010年5月に26歳年下の女性と再婚した俳優の三田村邦彦(61)に第4子が誕生。

2015年

三田村は前妻との間に俳優の三田村瞬(34)ら3男がいるが、女の子の誕生は初めてとなる。

1 2