1. まとめトップ

8週間で効果が出る!仕事に没頭できる瞑想実践法

瞑想はグーグルやアップルなどの先進的テクノロジー企業で仕事効率アップのために取り入れられていて、その効果は科学的に実証されています。やり方はシンプルで、今日から実践できます。

更新日: 2018年11月22日

7 お気に入り 2961 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yutaganbareさん

瞑想とは

宗教的な意味があったり、心理的治療を目的としたりすることもありますが、最近では仕事などで成果を出すための精神的トレーニングとして注目されています。

伝統的により高度な意識状態あるいはより高度な健康とされる状態を引き出すため、精神的プロセスを整えることを目的とする注意の意識的訓練のこと

マインドフルネスとの関係

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる

スポーツ選手が絶好調の時に「ゾーンに入った」という言い方をすることがありますが、その状態に近いと考えるとわかりやすいかもしれません

ビジネスの場で取り入れられている

ジョブズはアメリカにおける最初のメジャーな「瞑想するCEO」であり、禅仏教の伝統の信奉者、東洋思想の学徒だった

アメリカではグーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられています

クリントン元大統領、ビル・ゲイツ、サッカー日本代表長谷部誠、イチロー、京セラ名誉会長稲盛和夫など、数多くの著名人が瞑想の実践となっている

瞑想で自分をコントロールできるように

瞑想は集中力向上、ストレス軽減、免疫力アップなどの効果があると言われています。

起きていることにイライラする前に「どうして起きているのか?」と冷静に考えることができます

瞑想は「ワーキングメモリー」と目的を成し遂げるための能力「実行機能」を向上させるとする研究もある

瞑想を長期間続けた人は、次々と変化していく刺激に対応する能力が高いということもわかっている

瞑想が目指す状態

「瞑想によって本来の自分そして、自分の置かれた状態を観察することで、今の自分に何ができるのか、今の自分にとって何をすることが大事なのかを、常に落ち着いて把握することができます

瞑想の効果は脳に表れている

瞑想している時の脳は単にリラックスしていただけでなく、むしろバランスよく活性化していました。これが記憶力や集中力アップに繋がっていくようです

瞑想をしている人は瞑想をしていない人と比べて大脳皮質が縮んでいないことが分かった

科学的にも、マインドフルネスを実践していくと、感情入力を処理する皮質領域が厚くなり、偏桃体が小さくなるといった具体的な変化がおこることが証明されている

マインドフルネスに基づく医学的な介入は、反すうや心配を減らすのに有効であると複数の研究が示している

瞑想の実践法

1 2