1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

毒舌妖精からブスの神様まで!冬の「深夜ドラマ」が面白そう

2019年1月期冬の深夜ドラマには、設定から面白そうな作品が多数。『デザイナー 渋井直人の休日』、『私のおじさん~WATAOJI~』、『節約ロック』、『さすらい温泉 遠藤憲一』、『ちょうどいいブスのススメ』、『フルーツ宅配便』。

更新日: 2018年12月05日

44 お気に入り 95339 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『節約ロック』(月曜深夜0時59分、日本テレビ)

KAT-TUNの上田竜也が、「人は見た目が100パーセント」などで知られる大久保ヒロミの同名漫画に基づく来年1月期の日本テレビ深夜ドラマ「節約ロック」(1月21日スタート)で主演を務める。

本作は、30歳にして貯金ゼロのロックを愛する独身サラリーマン・松本タカオを主人公にしたコメディ。散財グセのせいで恋人のマキコに振られたタカオは、節約とロックに意外なつながりがあることを発見し、マキコとよりを戻すために奮闘する。

タカオを上田が演じ、マキコに近づく節約マニアのさわやかな男性・稲葉コウタ役で重岡大毅(ジャニーズWEST)が出演。実写版「咲-Saki-」シリーズの森ハヤシが脚本を手がける。主題歌はKAT-TUNが担当。

◆『さすらい温泉 遠藤憲一』(水曜深夜1時35分、テレビ東京)

2019年1月より、虚実が入り混じった新感覚密着温泉ドキュメンタリードラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」(毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほか)を放送する。

「俳優の遠藤憲一が、役者を引退する」という噂を聞きつけたスタッフが真相を確かめに行くと、「中井田健一」と名乗って男仲居として温泉宿で働く遠藤の姿を目撃し、様々な疑問を抱きながら遠藤への密着を続ける、という内容だ。

脚本:田中眞一(「みんな!エスパーだよ!」「怪奇恋愛作戦」「バチスタシリーズ」etc)

◆『ちょうどいいブスのススメ』(木曜夜23時59分、日本テレビ)

ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」に夏菜ら出演、原作の相席ケイは神様役に(コメントあり) natalie.mu/owarai/news/31… pic.twitter.com/SvHEB4nmGp

「M-1グランプリ2016」ファイナリスト、お笑いコンビ「相席スタート」山崎ケイの人気エッセイ「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)が、オリジナルストーリーでドラマ化。

「美人でもないけどブスでもない中途半端な女子」「モテない美人」「ちょうどよくないブス」の3人の前に“ちょうどいいブスの神様”が現れるところから物語が展開していく。

ちょうどいいブスの神様をケイ、“自己表現下手くそブス”中川彩香を夏菜、“融通の利かないブス”木原里琴を高橋メアリージュン、“開き直りブス”皆本佳恵を小林きな子が演じる。

脚本を手がけるのは「世にも奇妙な物語'18秋の特別編」の武井彩と山岡潤平。演出を「世にも奇妙な物語」シリーズを手がけてきた植田泰史が担当する。

◆『デザイナー 渋井直人の休日』(木曜深夜1時、テレビ東京)

光石研が、1月スタートの新ドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京系/毎週木曜25時)で、俳優生活40年にして連続ドラマ単独初主演を務める。

「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」で知られる渋谷直角がotona MUSEで連載中の同名コミックを実写化した本作。

脚本はふじきみつ彦と松本佳奈

52歳の独身デザイナー・渋井直人(光石)は、女の子からも受けがよく、こだわりのものに彩られスマートに生きている…ように見えるが、次々に現れるヒロインたちに玉砕。さえない場面も数多い。そんな少し“痛い”けど、愛らしい中年・渋井の日常を描く。

◆『私のおじさん~WATAOJI~』(金曜夜23時15分、テレビ朝日)

岡田結実主演、遠藤憲一と城田優が共演する金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)が2019年1月よりスタートする。

主人公は、恋に破れ、働き口も無くし、バラエティ番組のADとして就職した女の子・一ノ瀬ひかり(岡田)。ひかりは突如現れた「妖精」を名乗るおじさんと出会い、自分が口に出せない心の声・本音・愚痴をズバズバと垂れ流すおじさんと日々を送っていく。

脚本は岸本鮎佳

毒舌でディスりまくりの妖精おじさんを演じるのは、遠藤憲一。さらに、番組担当ディレクター役で城田優が出演する。

1 2