1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

山田孝之は救急搬送!「壮絶な撮影」をぶっちゃけた俳優たち

山田孝之・阿部サダヲ・登坂広臣。体を張って映画撮影をした役者たち。

更新日: 2018年11月24日

12 お気に入り 22859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■「ハード・コア」舞台挨拶で過酷な撮影を語った佐藤健さん

【イベントレポート】「ハード・コア」舞台挨拶、山下敦弘「こんな景色を見られるとは思ってなかった」(写真14枚) natalie.mu/comic/news/309… #ハード・コア #山田孝之 #佐藤健 #荒川良#山下敦弘 pic.twitter.com/AoQC0dW37K

映画『ハード・コア』の初日舞台挨拶が行われ、山田孝之、佐藤健、荒川良々、山下敦弘監督、そして謎のロボット・ロボオが登壇した。

腐った世の中にうんざりし希望を失っていた男3人の前に、謎の古びたロボットが現れ、人生が一変するような一大事が巻き起こるさまが描かれる。

山田ときょうだい役を演じた佐藤は「一見全然違うけど、初めて完成作を見たときに、われながら似ているなと思って、それがうれしかった」

撮影中のエピソードとして火に近づくシーンがあり「本番中なので耐えましたが、本当に熱くて、全身大やけどするんじゃないかと思いました」と回顧する佐藤さん。

・それ以上に山田孝之さんは凄かった!

台本に『慟哭する』って書いてあって、本当に慟哭して救急車呼ばれちゃうとか。そこまではちょっとマネできない」と、山田の役者としての姿勢を絶賛。

山田は「ずっと大変でした。本当にハード。このひどい状況を少しでも愚痴りたいと思って、インスタグラムで愚痴ったり」

「勝手な使命感でやっているので仕方ないかな。早死にする人の典型ですよね」と自嘲した。

・すごすぎる!SNSでは憑依型俳優、山田孝之さんを絶賛する声

山田孝之の役の入り方すごいなー。 泣くシーンで泣きすぎて救急車呼ばれたとか。。すご。。 だから好きなんだよ!!笑

山田孝之が役に入りすぎて気を失い救急車に運ばれたって、不謹慎だけどほんとごめん 笑った

山田孝之、本番中に気絶…救急車を呼ばれる cinematoday.jp/news/N0105072 「よく“役に入り込む”と言うけど、深さの次元が違う。本番中に気を失ってるんですよ。台本に慟哭すると書いてあって、慟哭して救急車呼ばれたりしてるんですよ」うおお。凄いな。

■阿部サダヲさんは撮影で溺れて死にかけた!

阿部サダヲ主演、吉岡里帆がヒロインを演じる映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

初の三木組で主演を務めた阿部は「溶け込めるかなあとすごい緊張しました。そしたら撮影の初日に溺れて死にかけまして。

阿部が死にかけたシーンでは、大量の雨を降らしていたそうで、三木監督は「阿部さんの顔が面白かったので、しばらくカットをかけなかった」とニヤリ。

・実は撮影で死にかけたの2回目だった

なんと阿部は、これが本作で二回目の死にかけシーンだったとのこと。クランクイン前を「石膏で固められたことがあって」と振り返った

■登坂広臣さんはフィンランドのロケが過酷だったと告白

中島美嘉のヒット曲を、登坂広臣&中条あやみ主演で映像化した2019年2月1日(金)公開の映画「雪の華」

日本とフィンランドを舞台に繰り広げられる本作は、余命宣告を受けた美雪と、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔の期間限定の恋を描き出す。

1 2