1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

知ってた?食事中に帽子をかぶるのは「マナー違反」になるみたい

帽子のマナーとして「食事中はNG」って知ってましたか?

更新日: 2018年11月24日

19 お気に入り 32973 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■食事中に帽子をかぶるのはマナー違反

「食事中は帽子を脱ぐべきだと思う」と答えた人は、全体で69.0%と高い割合になっている。

全国20~60代の男女1,537名を対象に、「食事中のマナーについて」の調査を実施した結果です。

食事中に帽子を被っている人とは食事したくない

お洒落でも室内or食事中に帽子被ってるのは許せない派✋

あらゆるタブーを気にしないつもりだが、食事中帽子かぶるのだけはいかんでしょ

【飲食店バイトでの気付き】 帽子を被ったままメシを食うやつとか食事中にスマホいじってるやつは碌な客ではない

帽子を被ったまま食事。 食事中に鼻をかむ。 グチャグチャくちゃくちゃ音をだす。 不愉快極まりない。 うん。生まれ変わってくれ。 #クチャラー #食事マナー

■室内で帽子をとるのは紳士の証

現代の帽子の文化のもとは主に中世・近代の西洋の帽子文化から流れがきているところがあります。当時の世界では室内では帽子を脱ぐのが紳士の証

「ホテルのロビー」「空港」「鉄道の駅」「長い廊下」「エレベーター」「交通機関の中」などでは、屋内であっても問題ありません。

特別な場でおしゃれをしたい気持ちももちろんありますが、周りの人の邪魔になっていないか、迷惑になっていないかについては、充分に配慮が必要です。

混雑した場所では帽子のつばが邪魔になるというケースもあります。

■男性と女性とではマナーが少し違うみたい

男性の場合、玄関、室内、エレベーター内では帽子をとるのが基本で、人と挨拶する時や女性と話をする時も帽子をとるのが礼儀とされています。

女性の帽子は服の一部とみなされ、たとえ室内であろうと、とらなくてよいといわれています。

しかし、そこでも畳という場合には、不自然という感じもあります。日本独自の生活習慣で、臨機応変に対処しなければならない

■もちろん以上は欧米のルールであり、日本では臨機応変な対応が求められる

欧米にはしっかりとしたルールがあるようです。しかし、欧米のマナーをそっくりそのままとも行きません。国が違えば文化も違う、ということで、同じ行為でも受け取られ方が全然違う

多様化された現代において帽子のマナーを明確に定義づけるのは大変難しい

日本独自の生活習慣の中で、紳士の帽子も臨機応変に考えれば良いという時代が来た

■時代と共に変化している

アメリカでも、年配の友人たちは「授業中に帽子? 昔は絶対にありえなかったわ」と嘆いている。一方、若者は「帽子を被るも被らないも本人の自由だろ」。つまり「部屋でも帽子」は、ここ最近の風潮

カジュアルなレストランやフードコートなどでは比較的帽子はかぶっていても大丈夫でしょう。しかし、一緒にいる人が目上の人で、帽子を室内でかぶることをよく思っていない人であれば脱いだほうがよい

1 2