1. まとめトップ

【銀魂】実写化キャスト比較まとめ

週刊少年ジャンプで連載中の大ヒット漫画を実写映画化したSF時代劇『銀魂』。その続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』の実写化キャスト比較まとめ

更新日: 2018年11月24日

1 お気に入り 126848 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zumishiさん

▼坂田銀時(さかた きんとき)

本作の主人公。銀色の髪で、黒い上着に白い着流しとブーツを履いたいでたちで木刀を携えている20代の男性。
かぶき町にある「スナック・お登勢」の2階を間借りし、志村新八や神楽と共に、便利屋である万事屋(よろずや)銀ちゃんを営んでいる。かつては「白夜叉」と呼ばれて恐れられた豪剣の攘夷志士であり、普段はちゃらんぽらんでありながら、大事件に対しては解決に本気を出す事から、いざというときは周囲から頼りにされている。

▼志村新八(しむら しんぱち)

上半分が丸い短髪の黒髪に、縁無しメガネを掛けている、16歳の青年。レギュラー・メンバーの1人。
実家である道場「恒道館」が落ちぶれた後、フリーターであったときに坂田銀時に助けられ、侍魂を学ぶために万事屋銀ちゃんに転職している。恒道館の後を継いだ現当主だが、剣の腕前は自衛できる程度である。

▼神楽(かぐら)

碧眼で左右をおだんごにまとめた赤い長髪に、チャイナドレスを着た、14歳の少女。
天人(あまんと)の宇宙最強の戦闘種族とも言われる夜兎(やと)族の少女で、超人的な怪力と戦闘力を持つが、日光に弱く外出時には自衛も兼ねた仕込み銃の防弾傘を所持している。自己中心的でぶっきら棒な性格で、非常に口が悪く、協和語で喋る。また、巨大な犬の定春を飼っている。

▼桂小太郎(かつら こたろう)

切れ長の目で、長着に羽織を着流し、脇差の無い一本差しを帯刀している長身・長髪の青年。
かつて攘夷戦争のあった時代に銀時と共闘した攘夷志士。攘夷戦争の後も攘夷党(桂一派)のリーダーとして討幕活動を継続しており、爆発物を多用するテロリストとして幕府にも追われているが、銀時と再会した後、幾つかのエピソードを経て、平和的な攘夷活動を試みる様になった。真選組からは目の敵にされているが、時として共闘する事もある。ペットとしてエリザベスを飼っている。

モデルは長州藩士 桂小五郎(のちの木戸孝允)

▼エリザベス

坂本辰馬が桂へ贈った正体不明の宇宙生物。白いペンギンのような風貌をしている。文字の読み書きなどを桂に教わっていることもあって、桂にはほぼ忠実。最初はペットとして登場していたが、現在では桂の相棒として攘夷志士からも一目置かれている。

▼近藤勲(こんどう いさお)

江戸の治安を守る特殊警察「真選組」の局長。
妙に惚れ込みストーカーと化している28歳男性。

モデルは新撰組局長 近藤勇

▼土方十四郎(ひじかた としろう)

1 2 3