[生瀬勝久]
座長を務める劇団そとばこまちの看板役者として活躍。舞台で培われた演技力はTVや映画でも重宝がられ、個性派バイプレイヤーとして幅広いタイプの役柄を演じている。

出典生瀬勝久 |人物情報|映画情報のぴあ映画生活

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『トレース』矢本悠馬も!冬ドラマも「バイプレーヤー」たちに注目

主役を立てながらも存在感を失わない「バイプレイヤー(名脇役)」。毎クール重要な役どころに起用され、2019年1月期冬ドラマにも多数。矢本悠馬『トレース~科捜研の男~』、生瀬勝久『初めて恋をした日に読む話』、木南晴夏『トクサツガガガ』、小日向文世『メゾン・ド・ポリス』、吉田鋼太郎『グッドワイフ』。

このまとめを見る