1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ArikaStudioさん

2018年11月24日午前1時頃、エカテリンブルク(ロシア)・バグー(アゼルバイジャン)と競合していた万博が大阪へと決定!!

万博誘致、大阪に決まりました‼️ 応援してくれた皆様、ありがとうございます‼️

誘致委員会によると、大阪湾の人工島・夢洲内の155ヘクタールを会場に、25年5月3日~11月3日の185日間開催する計画 #大阪万博 bit.ly/2qZQdxS

そう、会場となるのは大阪湾に浮かぶ人工の島、夢洲

大阪都心からのアクセスはどうなるのか?

■会場へのアクセスはどうなるのか?

まず、大阪人の足、市営地下鉄(大阪メトロ)の場合

Osaka Metroの中央線はコスモスクエアから夢洲までの延伸が行われます。2024年の開業目標です。実は、既にこの区間の基礎構築部分である夢咲トンネルは完成しています。道路部分は供用を開始しており、残るは線路設置工事や電線設備などの整備のみです。

確かに地下鉄コスモスクエア駅からの延伸が一番現実的ですね。そしてすでに基礎となるトンネルは完成しているとならば、これは

続いて、JR西日本の場合

540億、1700億、3500億円…#夢洲 #カジノ IR #電車でGO! #京阪 #JR #地下鉄…京都から梅田から延伸アクセス構想 - 産経ニュース sankei.com/west/news/1708… @SankeiNews_WESTさんから #大阪万博 pic.twitter.com/dcoLvf9IoG

なんとこちらも、すでに既存線の延伸計画がありました!

USJの整備計画にあわせて、桜島線安治川口―桜島間と桜島駅は1999年に新ルートに移設された。その際、大阪市はJR西日本に桜島線の新桜島駅までの延伸を要請していた。

今回はユニバーサルシティ駅の西側から新たに地下線を敷設して桜島地下駅経由で夢洲を目指す。事業費は1700億円と試算されている。JR西日本は慎重な物言いをしてきたが、2018年4月発表の中期経営計画で「夢洲アクセス検討」を盛り込んだ。

USJまで来ている桜島線の延伸ならば、万博とUSJを一緒に楽しんでもらえることができますしね。宿泊施設もたくさんあります。

さらに、京都方面からのアクセス線、京阪も!

京阪は、2017年に中之島―九条間2kmを敷設する構想を披露した。地下鉄中央線九条駅と連絡することで夢洲へのアクセスは可能だし、事業費を1000億円と安く抑えられるメリットがある。2024年までに九条まで延長したいとの発言もあった。

西から、京阪ルートが行けるとなると、万博に来たお客さんが京都なども楽しんでもらうのに便利良さそうですねー!

■そんな情報をつぶやいてくれる阪急の中の人が一番素敵ですw

ちなみに、2025年大阪万博のメイン会場となる夢洲(ゆめしま)へのアクセスは、地下鉄中央線、JR桜島線になるようですね。 さらに京阪中之島線も? mainichi.jp/articles/20180…

なんとなく、蚊帳の外にされている阪急公式ツィッターww

1