1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国際ロマンス詐欺とは?インターネットで知り合った外国人に騙される人が急増中?!

インターネットで知り合った外国人に、お金を騙し取られることがあるといいます。マッチングアプリで知り合った外国人が、軍人、俳優、モデルなどを名乗っていたら、ちょっと注意してみてもよいかも。ロマンチックな言葉をささやきながら、詐欺を働こうとしている例もあるといいます。体験談のまとめもあり。

更新日: 2018年11月27日

1 お気に入り 1422 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

テスト

chascitaさん

■国際ロマンス詐欺とは?

ロマンス詐欺(ロマンスさぎ)は、主にインターネット上の交流サイトなどで知り合った海外の相手を言葉巧みに騙して、恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、金銭を送金させる振り込め詐欺の一種

インターネット上の交流サイトなどで見知らぬ外国人(詐欺師)からの友達申請、詐欺師は数週間で恋人や結婚相手になったかのように振る舞い、様々なストーリーで金銭を要求してきます。

■犯人の手口

Facebook等のSNSなどのソーシャルメディアやデートサイト、語学交流サイトなどを通じて知り合ったあと、メッセンジャーやメール、スカイプや電話などを使って交流を深め、ロマンティックな甘い言葉を連発して、あたかも恋愛しているかのような気分にさせたり結婚を約束する場合もあります。

フェイスブックやマッチングアプリで知り合った相手に、偽の人物像を提示し、恋愛関係を築こうとする手口のようです。

最初のきっかけは、フェイスブックなどのSNSや恋人紹介サイトです。

言葉たくみに恋愛気分を高め、メールやスカイプ、電話なども使ってアプローチを強めていきます。

そして被害者が信じ切ったところで、相手の身にお金の必要な緊急事態が起こります。

大きな仕事が入ったが、軍資金が足りない。

家族が難病になり、お金のかかる手術をする。

弁護士を名乗る人物から連絡があって「あなたの婚約者が拘束された。解放にお金が必要」などなど。

一時的に立て替えであって後でお金は返ってくると安心させ、送金を懇願してきます

■犯人が偽る人物像

事例によると、男性なら英国人や米国人など、女性ならロシア人などになりすますことが多く、FacebookのようなSNSや、恋人紹介サイトなどのプロフィールとして使われる写真は、無名だがルックスのいいモデルから、人柄の良さそうな一般人まで、インターネット上からランダムに採取し、盗用する。

彼らがなりすます人物像は

・軍人(シリアなど、戦闘地域に赴任中という設定が多い)

・パイロットや船舶関係者

・妻をなくした夫(こどもがいる、高齢の両親と同居中という設定が多い)

・売れない俳優、モデルなど芸能系

・医者、ジャーナリスト

・自営業者(羽振りがよく、時間の融通がきくと思われがち)


といったパターンが多数。

■詐欺の事例

・米国軍人のなりすまし

「アレン・オーデンと名乗る男と知り合ったのは、今年4月。SNSで突然、『友達になりませんか』と英語で連絡がきたんです。アレンはNSAの職員で、トルコの米空軍基地に勤務し、資材物資調達の責任者だと言っていました。アメリカ人で話題も豊富でしたし、英語のスキルアップになると思い、やり取りをするようになりました」

アレンも晴香さんを籠絡(ろうらく)できたと考えたのか、知り合って約1ヵ月が過ぎた5月7日、ついに“本題“を切り出した。

「伯父が亡くなった。遺産を自分の銀行の口座に送金しなければならないが、所属する軍のサーバーが使えないので、送金は自分ではできない。代わりに手続きをしてほしい」

・パイロットという設定

アメリカ在住の国際線パイロットだというアジア系男性とマッチングしたCさん。相手はバツイチの40歳で、11歳の一人娘は全寮制の学校に入れているという話でした。昔は遊び人だったことを否定しないけれど、今はまた家庭を持って落ち着きたいのでソウルメイトを探しているとのこと。

毎日のように連絡がきて、baby、honey、sweetieといった呼びかけで会話が続いていったとのこと。2か月経ったころ、2週間ほど出張でカナダに行くけれど、その後休みが取れるので君に会いに行く、と言われたそうです。

その数日後、お願いがあるという話。娘がダンスコンテストに出たがっていて、参加料等の600ドルを振り込まないといけないけれど、仕事が忙しくて送金できないのでちょっと立て替えてくれないかという内容でした。

Cさんは詐欺を見破り、無事だったそうでよかったです。

・妻を亡くした夫を偽る

要はまずはFBで私を見つけたと。
(ちなみに私は自分の投稿は友達にしか見えないように設定してます。)
それで仲良くなりたいのでメールしたと。

そして自分は妻が亡くなって、子供が二人いると書いてありました。
自分の画像が2枚添付されていました。

■国際ロマンス詐欺への対策

すぐにブロックしましょう。個人情報をさらに盗まれたり、リカバリー詐欺にあわないためには必要な対策です。
詐欺師との通信手段をすべてブロックして連絡がとれないようにしてください。

送金の話には絶対に応じない
口座や暗証番号は絶対教えない。
途中で詐欺と気づいたら、以後一切無視して連絡しない。

国をまたいだ犯行なので、国際ロマンス詐欺の犯人を逮捕することは難しいようです。

それでも、被害の実態を明るみに出すために、警察に相談する、被害届けを出すなどの対策を講じましょう。

■国際ロマンス詐欺にあったら?お役立ちリンク

1 2