1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

北野天満宮

北野天満宮は天神信仰発祥の地であり、日本中に12000社もあるといわれる全国天満宮・天神社の総本社。桃山時代に豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための土塁「御土居」を築いた。

その一部が残る境内の西の一帯は長らく自然林で、自生のものと後に植林されたものを含め、現在、約350本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっている。もみじ苑北側には鶯橋があり、その下には清流紙屋川が流れている。その川面に映える紅葉は見る者に安らぎを与えてくれる。

北野天満宮の紅葉ライトアップ見に来た!だいきんぐがかくれんぼしてますw pic.twitter.com/Pe9W6Q7Ogn

北野天満宮のもみじ苑ー 4年目にして初めて行った! 今まで紙屋川は大雨の日に増水してるか確認する時しか見てなかったわ… pic.twitter.com/8pta8VLw0w

圓光寺

圓光寺は、1601年、徳川家康公が文治政策として閑室元佶師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字が現存する。

1667年、現在地に移転。庭園は新緑や紅葉時に美観を呈し、本堂前には水琴窟が設置され、妙音を聞ける。境内山上からは眼下に燃え立つ紅葉、遠くには北山や嵐山の眺望も楽しめる。

圓光寺さんで紅葉の11月に撮影したものと新緑の6月に撮影したもの。色がとても変わっていとおかし。#MK秋2018 pic.twitter.com/k7jr4Y3m1L

御朱印を見てみたら最初に圓光寺に行ったのは10年以上前だわ~。前の写真はもう見あたらないから今年のを残しこと(*´∀`*) pic.twitter.com/13nrAiFSOX

貴船神社

『貴船神社』 京都 縁結びの神としての信仰がある磐長姫命を祀っている神社です。 貴船神社の「結び文」を結び合わせて願うことで、男女の縁結びはもちろん、あらゆる種類の願掛けの願いも叶うと大変評判が良い神社です。 pic.twitter.com/mojHpEI1zt

貴船神社は水の供給を司る神を祀る古社で、一帯は「京の奥座敷」と称される避暑地として知られる。平安時代の女流歌人、和泉式部が参詣したことも有名で、縁結びの神としての信仰も厚く、若い世代の参拝者が多い。

11月3日から25日までの「貴船もみじ灯篭」開催期間中は貴船一帯に行灯が並べられ、神域が優しい灯りに包まれる。貴船神社本宮の参道石段に立ち並ぶ春日灯籠と紅葉を楽しめる。また、貴船から望む鞍馬山の紅葉も素晴らしい。

京都府立植物園

こちらは日曜の朝、京都府立植物園なからぎの池の周辺の紅葉。 京都御所では台風で根こそぎ倒れた大木もまだ殆ど手当出来ず放置されているが、流石に植物園では根元から伐採されたり枝打ちされた木が多い。どちらにしても痛ましいけど、植物の再生を待ちたい。 pic.twitter.com/4VaBYSKcLO

大正13年に開園した日本最古の公立総合植物園。24ヘクタールの広大な敷地に約12000種類の植物が植栽・展示されており、四季折々に美しい。

1 2