1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

寒い日に食べに行きたい!!東京のカレーうどんの名店7選

寒くなってきた冬に体温まる一杯が食べたい!そんな日にオススメな東京のカレーうどんの名店について。

更新日: 2018年11月27日

46 お気に入り 15925 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寒くなって来た冬にオススメの美味しいカレーうどんの名店について。

JPNMILANOさん

《本蓮沼》手打ち蕎麦・うどん 彩め

本蓮沼駅A1出口を右に50mほど。「うどん・そば」の看板ときれいな外観のお店です。お店の外にメニューが出ていて入りやすい雰囲気です。

[月・火・木・金・土]
11:30頃~14:30頃
18:00~22:00
[水]
18:00~22:00
[日・祝]
11:30頃~14:30頃
17:30~21:00
日曜営業

カレーうどんは、粘度の高いカレー汁と細麺の組み合わせで、街の蕎麦屋にしては少し個性的なものである。この麺だと途中でのびるかなと心配したが、固めに湯掻いてあるので柔らかいのだがのびることはないものだった。

具材は鶏肉とネギで、鶏肉の出汁が良く出ている。ランチセットには、ライスかサラダがついており、これはオジヤ目当てで当然ライスにした。うどんを食べた後にライスを投入したが、汁がほとんどカレーライスのルー状態なので、ライスがふやけてオジヤにはならない。

《虎ノ門》あんぷく

虎ノ門ヒルズ4階にある、おでん&創作うどん専門店。店内はカウンター席、テーブル席など。平日はビジネスマンが利用していて、ランチタイムは長蛇の列。オーダーしてから茹でるのに12分ほど。時間に余裕がある時にお勧めします。

今日の目的は"牛肉の黒カレーうどん"。このカレーうどん、黒カレーうどんというだけに本当に外観が真っ黒です。スープをすするとなかなかの味。しっかりした麺向きの出汁と牛肉をたっぷり使ったスープの出汁との融合がわかります。

麺はだいぶ太くて、コシがしっかりしており、その太さが麺一本においても均一ではないことから手打ち感があります。

いかにも濃厚そうな色のスープですが、飲んでみると色の割には後味がすっきりしていて食べやすい。カレーがっつりというよりシチューのような感じもします。クリームもかかっているのでマイルドな感じもあります。

《荻窪》手打ちうどん 恵

荻窪の教会通りをずっと奥に歩いて行く。最後の角を左に曲がると、右の先の方に衛生病院が現れる。その左の角がこのうどん屋「恵」。

料金後払制。カウンター6席、二人がけテーブル1つの小さな店。当日はご主人とそのご母堂、お二人で切り盛りされていた。

手打うどんとのことだが、もしかして武蔵野うどんかと思い、聞いてみた。すると、四国讃岐系だとのこと。香川県の坂出出身の師匠から教わったらしい。

美味いカレーうどんを食べた。テーブルが一卓とカウンターが五席の「恵」という荻窪の小さな店だが、カレーうどんだけで3種類(カレーうどん、つけ汁の冷やしカレー、日にち限定のキーマカレー)あった。

うどんの麺は手打ちのようですこし太目で腰があります。おつゆはあっさり目のカレーうどんです。お肉は沢山入っていてお肉の上にネギがトッピングされていました。

《恵比寿》酒彩蕎麦 初代

駅のロータリーの向かいの2Fにあります。1Fは大きな看板と階段ですが2Fの入り口は、お上品で素敵な店構えです。店内はカウンター席とテーブル席、そしてお座敷があり職人さんが蕎麦を打ってる姿が見られます。

テレビで話題の白いカレーうどんを食べたくて、行ってきました!!!カレーうどんはとてもマイルドで美味しかったです。お客さんも引っ切り無しに来るので、繁盛していることが伺えます。また食べに行きたいです。

1 2 3