1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『後妻業』から『孤高のメス』まで!冬の「小説原作」ドラマが面白そう

2019年1月期冬ドラマには期待の小説(エッセイ)原作ドラマが多数。木村佳乃×木村多江『後妻業』、夏菜『ちょうどいいブスのススメ』、高畑充希×西島秀俊『メゾン・ド・ポリス』、高橋一生×永作博美『みかづき』、玉木宏『盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~』、滝沢秀明『孤高のメス』。

更新日: 2018年12月11日

15 お気に入り 13760 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『後妻業』(火曜夜9時、フジテレビ)

2019年1月期のカンテレ・フジテレビ系火9ドラマは、木村佳乃主演の「後妻業」を放送することが決定。高橋克典、木村多江、伊原剛志を共演に迎え、大阪を舞台に痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマを繰り広げる!

直木賞作家・黒川博行氏の小説『後妻業』を原作に2016年には『後妻業の女』として大竹しのぶ主演で映画化もされた注目作を初の連ドラ化。

木村は資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う、後妻業を生業(なりわい)とする関西弁の悪女・武内小夜子を演じる。

高橋克典が後妻業の元締めで、金と女に目がない柏木亨役、伊原剛志が小夜子を追う元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則役を演じる。そして木村多江が父親を後妻業のターゲットにされ、遺産相続を阻止するべく抗戦する中瀬朋美に扮する。

◆『ちょうどいいブスのススメ』(木曜夜23時59分、日本テレビ)

ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」に夏菜ら出演、原作の相席ケイは神様役に(コメントあり) natalie.mu/owarai/news/31… pic.twitter.com/SvHEB4nmGp

お笑いコンビ「相席スタート」山崎ケイの人気エッセイ「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)が、オリジナルストーリーでドラマ化。

「美人でもないけどブスでもない、中途半端な女子」「モテない美人」「ちょうどよくないブス」の3人のイケてない女子の元に現れた「ちょうどいいブスの神様」が、幸せになるための手ほどきをするラブコメディー。

脚本は武井彩と山岡潤平

ちょうどいいブスの神様をケイ、“自己表現下手くそブス”中川彩香を夏菜、“融通の利かないブス”木原里琴を高橋メアリージュン、“開き直りブス”皆本佳恵を小林きな子が演じる。

◆『メゾン・ド・ポリス』(金曜夜10時、TBS)

高畑充希が、2019年1月にスタートする新ドラマ「メゾン・ド・ポリス」に主演することが決定した。共演には、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が名を連ねている。

原作は、加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ。高畑演じる新人刑事・牧野ひよりが、退職警察官の住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、訳ありの5人の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

脚本は黒岩勉

西島秀俊が、エプロン姿でメゾンの使用人を務める元敏腕刑事・夏目惣一郎役で出演。現役時代は事務畑一筋で今はメゾンの管理人である高平厚彦を小日向文世、元科学捜査研究所勤務のインテリ紳士・藤堂雅人を野口五郎、定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事・迫田保を角野卓造、大家の伊達有嗣を近藤正臣が演じる。

◆『みかづき』(土曜、NHK)

高橋一生と永作博美が共演する連続ドラマ「みかづき」が、2019年1月よりNHK総合で放送される。

原作は2017年本屋大賞の2位を獲得した森絵都の同名小説。昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、ある家族の50年の歴史を描いた作品だ。

脚本は水橋文美江

落ちこぼれの子供に勉強を教えるようになった小学校の用務員・大島吾郎と、自由で豊かな教育の可能性を塾に見出した赤坂千明が公私共にタッグを組んだことで、塾業界に新たな歴史が生み出されていくというあらすじだ。

◆『盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~』(土曜夜10時、WOWOW)

1 2