1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

多くの労働者を犠牲に…ゴーン氏の不正に元労働者たちが怒りの声

ゴーン氏の不正に対して派遣切りされた元労働者たちが怒りの声をあげています。

更新日: 2018年11月27日

9 お気に入り 26061 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏が電撃逮捕された

日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者が電撃的に逮捕されて1週間

今回の逮捕容疑(有価証券報告書の虚偽記載、実際の報酬額よりも少ない金額を有価証券報告書に記載していた)、および日産の投資資金の不正使用

日産の完全支配(経営統合)を働き掛けていたといわれる仏政府やマクロン大統領の思惑も絡み、それに危機感を強めた日産側のクーデターという説も

■日産自・三菱自相次いでゴーン氏の解任を発表

日産は臨時取締役会で、カルロス・ゴーン容疑者の会長職と代表取締役の解任を、全会一致で決議したと発表

取締役会は同じく逮捕されたグレッグ・ケリー代表取締役(62)の解任も決めた。

三菱自動車(7211.T)は26日午後、臨時取締役会を開催し、カルロス・ゴーン容疑者の同社会長職の解任と代表取締役の代表権を外すことを「全会一致」で決定

■ゴーン氏が疑いをもたれている金額が凄かった

ゴーンの金銭報酬が合計約99億9800万円であったにもかかわらず、合計約49億8700万円と記載した有価証券報告書を提出した疑いがもたれている。

株価に連動する報酬を金銭で受け取る権利を計約四十億円分得ながら、有価証券報告書に記載していなかった

有報の虚偽記載は証券取引の信用基盤を破壊する重罪で、金融商品取引法が「10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、またはその両方」を科すことを規定している

■この陰には派遣切りや雇い止め、下請け会社閉鎖などが相次いだ

ゴーン容疑者は、工場閉鎖や7人の1人の人員削減という大幅なリストラ計画を開始

■以上、ゴーン氏の不正に対して元従業員たちが怒りの声をあげている

「多くの労働者を犠牲にした役員報酬で違法な行為があったというのは非常に残念な思いだ」

「報酬隠しをしたとされる時期は、人員削減の時期と重なる。『経営上必要だった』という会社の言い分が欺瞞だったのは明らかだ」

「我々の生活を犠牲にして得ていたのか」と憤り、西川広人社長に対して「職場復帰の英断を下してほしい」と訴えた。

■従業員を踏み台にして私腹を肥やしていた

結局、私たち従業員の人生を踏み台にして私腹を肥やしていたと思うと怒り、怒り、怒りしかない。ゴーン氏は私たちをコストとして切り捨てたが、日産にとっての最大のコストはゴーン氏だった

経営を理由に多くの労働者を犠牲にしながら、自分は巨額の報酬を得て、しかも隠すなんて許されない

「日産のために一生懸命働いていたのに、怒りしか感じない。ゴーン容疑者自身が一番のビッグコストだった」と憤った。

1 2