1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

杉咲花『ハケン占い師アタル』も!冬ドラマは「新人役」に注目

職業ものドラマではよく登場する「新人役」。新人ゆえの行動や先輩らとの関係性が物語にアクセントを与える。2019年1月期冬ドラマには「新人役」が多数。『トレース~科捜研の男』『ハケン占い師アタル』『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』『メゾン・ド・ポリス』『私のおじさん』『イノセンス~冤罪弁護士』。

更新日: 2018年12月12日

8 お気に入り 21585 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

新木優子が新人法医研究員役

◆『トレース~科捜研の男~』(月曜夜9時、フジテレビ)

左から船越英一郎、錦戸亮、新木優子

関ジャニ∞の錦戸亮が、来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『トレース~科捜研の男~』(1月7日スタート)で“月9枠”初主演する。

原作は、犯罪現場に残された血痕などの証拠を科学的に鑑定する科学捜査研究所(科捜研)を題材にした古賀慶氏の漫画「トレース~科捜研法医研究員の追想~」。科捜研の元研究員である古賀氏が、実際に起きた事件や経験をベースに描く本格科捜研サスペンス。

錦戸は、主人公の科捜研法医研究員・真野役。「鑑定結果こそが真実」を信念に、高い鑑定技術と独自の着眼点を持つ男で、常に冷静沈着。新人法医研究員(新木優子、24)やベテラン刑事(船越英一郎、58)とタッグを組み、一話完結で難事件を解決に導いていく。

杉咲花が社会人経験のない派遣社員役

◆『ハケン占い師アタル』(木曜夜9時、テレビ朝日)

杉咲花が、「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」の脚本家・遊川和彦のもと1月スタートの新ドラマ「ハケン占い師アタル」でお仕事コメディに初挑戦。

本作は、悩みや原風景など他人のあらゆることが見えてしまう派遣社員“アタル”こと的場中(まとばあたる)が、自身の占い能力を駆使して周囲の正社員たちの悩みを解決していくコメディ。

イベント会社「シンシアイベンツ」に、派遣社員の的場中が新しい仲間として入ってくる。社会人経験のないアタルは、教育係となった正社員の神田和実(志田未来)の下で、雑用から覚え始めることに。

正社員役で小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、及川光博が出演。若村麻由美も占い師役でキャストに名を連ねた。

中川大志が駆け出しの弁護士役

◆『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(木曜夜10時、フジテレビ)

[前列]左から斉藤由貴、竹内結子、水川あさみ
[後列]左からバカリズム、中川大志

竹内結子が、2019年1月10日[木]スタートのドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)で主演を務める。

本作は、社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた危機管理専門の弁護士・氷見江(ひみ・こう)を主人公とする物語。“危機にある女性の最後の砦”という信念を持った氷見が、スキャンダルによって窮地に陥ったクライアントを救うべく奔走する。

脚本は倉光泰子

中川演じる藤枝は、同じく危機管理を専門にする駆け出しの弁護士。容姿端麗で、アメリカの最難関ロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けている。

中川大志

高畑充希が新人刑事役

◆『メゾン・ド・ポリス』(金曜夜10時、TBS)

高畑充希が、2019年1月にスタートする新ドラマ「メゾン・ド・ポリス」に主演することが決定した。共演には、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が名を連ねている。

原作は、加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ。高畑演じる新人刑事・牧野ひよりが、退職警察官の住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、訳ありの5人の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

脚本は黒岩勉

西島秀俊が、エプロン姿でメゾンの使用人を務める元敏腕刑事・夏目惣一郎役で出演。現役時代は事務畑一筋で今はメゾンの管理人である高平厚彦を小日向文世、元科学捜査研究所勤務のインテリ紳士・藤堂雅人を野口五郎、定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事・迫田保を角野卓造、大家の伊達有嗣を近藤正臣が演じる。

岡田結実が新人AⅮ役

1 2