1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

11月8日からスタートしたイッツクリスマスタイム

リド、ミキ広、ザンビが全部抽選

\スペシャルイベント #ディズニークリスマス が今日からスタート!/ さっそく今日のブログでは、クリスマスムードたっぷりのパークの様子をお届けします! 見どころをチェックして、ぜひプラン作りの参考にしてくださいね♪>> https://t.co/oeFE6BBa0L pic.twitter.com/ICN2FLyXxM

東京ディズニーシーの新しいクリスマスショー、
その名も「イッツ・クリスマスタイム!」。
クリスマスの名曲に合わせ、ダンサーたちが
色とりどりの衣装で登場。サンタクロースや
ディズニーの仲間たちも加わり、
軽快なタップダンスやラインダンスを披露。
ディズニーシーのクリスマスショーが
リニューアルされるのは3年ぶり。

東京ディズニーリゾートの
「ディズニー・クリスマス」は12月25日までの開催

はじまってすぐの1週目には地蔵で揉め事や、ファミリーエリアに入る為に子供を借りるなどの偽装家族が出現した

#TDR_now ディズニーシー15分前に入って早々にいい大人が場所取り大げんかワロタ 部屋まで怒号聞こえた不快 pic.twitter.com/b5Mkq1virK

子供がいないと入れないファミリーエリア。

今の所聞いた中で怖いのがファミリーエリアに入ろうとして偽装家族になる話だわ。知らん子供と手繋いだり知らん家族に「一緒に入りませんか?」って聞いてるのサイコやん。

鑑賞マナー悪かったり偽装家族出たりするのは割と想定の範囲内なのだけど、まさか運営はこれを想定してなかったなんてないよね? 一歩二歩先まで考えての実施だよね?

お友達のファミリーに同行するのは別に良いと思うのよ。初対面でその場で声掛けして一緒に入れてくださいはダメでしょ

1週目をすぎると地蔵問題はあるものの、偽装家族の目撃情報もなくなり、大きな揉め事もなかったイツクリ

▼2週目くらいから、子供の肩車や頭上より上にカメラを上げて撮影が問題に(10日には肩車は注意出来ないとキャストさんが言っていたと話題になっていた)

肩車.... 場外で待ってあと少しで始まるって時に肩車の親子入ってきて抽選だから仕方無いのかもしれないけど抱っこにしてくださいとか注意して欲しいね。 pic.twitter.com/4b026jwGGe

▼キャストさんに問い合わせた内容(一部)と暴徒化しているゲストを時系列で

※キャストさんが注意しないと話題になっていますが、注意をしているキャストさんもいます

10日 キャストさんに注意してもらえますか?と言う→キャストさん「その判断はお客様自身にしてもらってるので出来ないんです」

肩車3人居たのでキャストさんに言ったら「注意できません、自己責任で」

隣の人が「ではカメラ上げても良いのですか?」と聞くと、キャストさん「注意しません、自己判断で」

17日 ゲストが注意して欲しいとキャストさんに→キャストさん「当選エリアは注意出来ないんです」

18日 キャストさんが肩車を注意→ゲストは注意を聞かない

18日 肩車をされている子供の足が付近のゲストに当たる→足が当たった女性が激怒→子供の母親「子供のやった事なんだから、大目に見て」と逆ギレ

21日 肩車をしている親子をゲストが注意してやめさせる→肩車をしていた男性の態度が悪くなり、付近の空気が最悪になる→キャストさんが少しだけ男性の場所を移動してもらう

23日 肩車をキャストに注意されてもやめないゲスト→付近のゲストがキレる→ゲストからヤメロコール→キャストさん強制的に肩車を阻止

25日 キャストさんが肩車を注意→ゲストがやめない→他のゲストが楽しめなかったとキャストさんにキレて大揉め

今日のイッツクリスマスストーリーズで、あからさまに腕を伸ばしてタブレットで録画していたお母さん、こう言うのを的確に注意できない所にキャストの余裕の無い状況がよく現れてる今のディズニーランド。ナウと言うにはちょっと時間がたっちゃったけど… #TDL #TDR_now pic.twitter.com/e5iKwIknO4

なんかもうどうしちゃったの?って感じ。イツクリで抽選の座り見と立ち見があって、抽選の立ち見の人は子供の肩車、頭上より上の撮影が許させるって納得いかない感じはある。しかも抽選の座り見と立ち見があるせいで当たらなかった人は本当に見えないみたいだし。 pic.twitter.com/AWrasTzt3y

@TDR_PR 素敵なショーをありがとうございます。 でも、肩車は遠慮していただきたかった(T-T) pic.twitter.com/yhthPaQwX7

1 2