1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

佐倉幸助さん

カタツムリを操作して、わざと目立つ場所に移動させて鳥に食べられる
(目のグニョグニョは、芋虫のフリ)
  ↓
鳥の体内で成虫になって卵を産む
  ↓
卵が鳥のフンといっしょに外に出される
  ↓
卵入りのフンをカタツムリが食べる
  ↓
カタツムリの体内で幼虫が孵化する(以下ループ)

昔の中国の場合は憎い相手の遺体を辱めるためという逆の意味で食べるけど あと普通に豚肉の代わりに食材としても食べた。

実は 近代以前の日本では、黒猫は「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛などの象徴とされ大切にされていた
「夜でも目が見える」ことについても大きく評価されていた

1