『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』の野木亜紀子さんが脚本を務め、女優の北川景子さんが主演した社会派ドラマ。

出典NHK「フェイクニュース」に想う、善意の情報操作の有効性 : ドラマが提起する問題点と自分なりの解釈 | DIGIDAY[日本版]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ネット炎上からゾンビまで!最近のNHKドラマが攻め過ぎている件

ネットの負の部分をリアルに描いたドラマ『フェイクニュース』が絶賛されたNHK。12月には再びネットの闇を描く『炎上弁護人』を、自身が炎上経験のある真木よう子主演で放送。また1月には、ゾンビが登場する社会派ブラックコメディ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』を連ドラ化など、“攻めた”ドラマが続く。

このまとめを見る