1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
6 お気に入り 25153 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■12月1日、いよいよ最終節を迎えるJ1リーグ

『明治安田生命J1リーグ』が12月1日に最終節を迎えるが、見どころはたくさん残っている。

最終節の見どころを紹介!

■かつてない大混戦となった残留争いにもついに決着

5チームにJ1参入プレーオフ行きの可能性

昨季までは下位3チームが自動降格したが、今季から16位のチームは入れ替え戦に相当するJ2クラブとの「J1参入プレーオフ」に回る。

すでに18位長崎、17位柏のJ2への自動降格が決定しているが、5チームに16位となる可能性が残っている。

各チームの残留条件

もし敗れても、得失点差で他チームを大きくリードしているため、“8点差以上”をつけられて負けなければ残留が確定する。

敗れた場合は得失点差で劣っているため、14位以下の3チームが勝ち点を挙げるとPO行きが確定してしまう。

敗れた場合は、鳥栖が敗れたら両クラブによる得失点差や総得点の勝負となり、鳥栖が引き分け以上なら湘南のPO行きが確定する。

敗れた場合は、湘南-名古屋が引き分けるとPO行きが確定し、決着がついたら敗者と鳥栖による“得失点差勝負”となる。

引き分けの場合は、磐田と鳥栖のどちらかが敗れると残留が確定、鳥栖と磐田が共に引き分け以上なら名古屋のPO行きが事実上確定。

※横浜が得失点差で大きくリードしているため

敗れた場合は、鳥栖が引き分け以上なら名古屋のPO行きが確定、鳥栖も敗れたら名古屋と鳥栖による得失点差や総得点の勝負となる。

残留争いのカギを握るのは湘南と名古屋の直接対決

試合中の情報戦や駆け引きも想定され、他会場の経過により「引き分けでもいい」という試合運びになるかもしれない。

/ 明治安田生命J1リーグ いよいよ最終節‼️ \ 5クラブがJ1参入プレーオフに回る可能性を残して迎える最終節。 各クラブの残留条件と注目のポイントを、わかりやすく解説します #Jリーグ 特設サイトはこちらから jleague.jp/sp/special/fin… pic.twitter.com/QsUteU2nGJ

1 2