1. まとめトップ

快適な一日を始めるためにも! 肌を傷つけないためのシェービングのコツ

快適なシェービングのコツについてまとめました。カミソリ負けに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

更新日: 2018年11月29日

3 お気に入り 1804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シェービング関連のコラムや商品サイトを参考にしました。

wpmpxvpiさん

カミソリ負けが憂鬱・・・

カミソリの刃が肌の表面に直接にあたるので、肌には大きな負担がかかります。正しい髭剃り、その後のケアをしないと肌トラブルを招くことになるのです。

カミソリの刃が肌の表面に直接あたっているので、肌表面の角質層などを一緒に削り取ってしまったり、傷つけてしまうことがあり、肌荒れの原因となることがあります。

角質層が傷つくと、肌の水分が逃げてしまいやすくなったり、外部からの刺激に敏感になってしまったりします。また、肌が乾燥しがちになるので、乾燥を防ごうとして皮脂が過剰に出てしまうこともあります。

髭のタイプで、ウェットorドライが決まる!

シェービングには、ウェットとドライの二種類があります。どちらにするかは、髭のタイプによって決まります。

[ウェット] → カミソリの刃で削る
[ドライ]  → シェーバーの内刃と外刃ではさんで刈る

[ウェット] → 髭の量が多く濃い、やわらかいうぶ毛のような髭
[ドライ]  → 上記のタイプに当てはまらないノーマルタイプ

ウェットシェービングのコツ

①洗顔する
②シェービング剤を塗る
③髭の生えている方向に沿って剃る
上記の3つの手順で行います。

汚れや皮脂を落とし、髭を柔らかくして肌ダメージを防ぐため。

1.洗顔する

肌を保護して髭剃りをスムーズにします。
(※シェービング剤は自分の肌タイプに合ったものを使用して下さい。)

2.シェービング剤を塗る

カミソリは余分な力を入れずに頬の上からあごの下にかけてカミソリを滑らせるように、髭の向きに沿って剃り落していきます。

3.髭の生えている方向に沿って剃る

ドライシェービングのコツ

①プレシェーブ剤を塗る
②髭の流れに逆らって逆剃りで剃る
③髭を剃った後に洗顔をする
上記の3つの手順で行います。

オイルコントロール成分やパウダーなどが含まれているため、皮脂などによるベタつきを防いで、髭剃りをスムーズにして、肌ダメージも防ぎます。
(※プレシェーブ剤は自分に合ったものを使用して、肌に塗った後、乾いてから剃り始めて下さい)

1.プレシェーブ剤を塗る

電気シェーバーは、髭が硬い状態の方が良く剃れます。
反対の手で皮膚を引っ張りながら逆剃りで剃ります。

2.髭の流れに逆らって逆剃りで剃る

洗顔剤をよく泡立てて洗顔し、髭くずをきれいに洗い流しましょう。また、電気シェーバーはきちんとお手入れをして剃り味と清潔を保ちましょう。

3.髭を剃った後に洗顔をする

アフターシェービングの重要性

髭剃りのスキンケアは髭剃り後の30秒以内と言われています。この時間で行うかどうか、肌への負担が大きく変わります!

たっぷりと水分を与えたら、手で軽く押さえる。手を使って自身の体温で、深く深く浸透させるようなイメージを持って、ゆっくり、じっくりと。

1