スーパーの「格安肉が激ウマになる」裏ワザ【 #肉の日 】

11月29日はいい肉の日です。「今日はお家でお肉」という人にオススメの、スーパーで買った格安肉でも、高級肉のように更に美味しく食べられるちょい技をご紹介します。

更新日: 2018年11月29日

249 お気に入り 111666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ひと手間で肉がやわらかくなる!

砂糖の成分が肉の中のタンパク質(コラーゲン)と水分を結び付け、肉を柔らかくする効果があります

水を吸着しやすく、食品から発するにおい成分を保持して揮発させない性質がある

臭いも抑えられるそう!

フルーツや野菜に含まれる「プロテアーゼ」という酵素には、お肉を柔らかくしたり、味を良くしたりする働きがあるといわれています

酵素は熱に弱いので、必ず生のままで!絞ったりすりおろしたものに、15分〜30分ほどお肉を漬けましょう

パイナップルやキウイフルーツ、野菜なら玉ねぎが◎

ヨーグルトに30分ほどお肉を漬けてみてください

牛乳も同じ効果ですが、香りが移りやすいそう。

酢は、酸が肉を柔らかくしてくれますので、さっぱりした煮物を食べたい時にはおすすめ。ビールやコーラに含まれる炭酸にもお肉を柔らかくしてくれる効果が

ビールは入れすぎると苦くなるので注意!

美味しいステーキの焼き方

冷蔵庫から出したての肉は冷たく、加熱に時間がかかります。

境目の白い部分を包丁の切っ先、もしくは刃元を使って2cm位の間隔で表と裏、両方から筋切りする。筋を切ったら包丁背で全体を叩き、叩いたら元の形に手で整える

塩を振ると肉の水分が表面に引き出されます。

塩を振ってから焼くまでの時間が長いと、旨味成分とともに肉内部の水分が流出してしまいます

火で表面においしそうな焼き色をつけましょう。柔らかく仕上げるためにも、加熱は強火・短時間がポイント

アルミホイルで包んで休ませることで、余熱で肉の内部に熱が通っていく

肉汁が流れ出すのも防げる。

1 2