1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

冬のホラーから青春群像劇まで!今週末公開の「おすすめ映画」

今週末公開の「おすすめ映画」5作品。中島哲也監督&岡田准一『来る』、真野恵里菜『青の帰り道』、インドの実話『パッドマン 5億人の女性を救った男』、キアヌ・リーブス×ウィノナ・ライダー『おとなの恋は、まわり道』、実話アクション『暁に祈れ』。

更新日: 2018年12月08日

1 お気に入り 2014 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『来る』(12月7日公開)

澤村伊智の第22回日本ホラー大賞受賞小説を中島哲也監督&岡田准一主演で映画化。

謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。

黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。

試写にて映画「来る」を鑑賞✨ ホラ-という括りではない。人の良く見える部分や愚かさ・醜さ・弱さが見事に対比され表現されてるヒュ-マン映画です 久しぶりに痺れる映画 オススメで〜す‍♀️ #中島哲也 #来る pic.twitter.com/waAVXR25f4

『来る』試写。悪霊系ホラーの域を超え、人間の多面性の恐ろしさ、心の闇をテーマにしている。伏線が多く、奥が深い粗筋。中心キャラが交代していく構成も面白い。惨死、血の海、エクソシスト風など戦慄シーン多数。「あれ」に取り憑かれない現代人なんて居ないだろうから怖い。オープニングがお洒落。

◆『青の帰り道』(12月7日公開)

東京近郊の町で高校卒業を控えた7人の若者たち。3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者……再び“あの場所”に戻った彼らの胸に宿る思いとは……。

真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星らが7人の若者たちを演じ、平田満、工藤夕貴らベテラン勢が脇を固める。監督は山田孝之プロデュース作「デイアンドナイト」などを手がけた藤井道人。

映画「青の帰り道」、試写させていただきました。邦画離れした映像センス!役者さんがみんな光輝いておりました!編集と音楽もめちゃいい!です!

「青の帰り道」の試写を拝見。真野氏の適役加減や流星くんの好演はもちろんだけど、くるみちゃんの芝居が光ってた。帰る道があることのありがたみに彼らが気づくのは、あと何年後かな…。

◆『パッドマン 5億人の女性を救った男』(12月7日公開)

現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。

小さな工房で働く新婚のラクシュミは、ある日、妻が生理の処理に不衛生な古布を使っていることを知る。高価な市販品を拒む妻のため、彼は自分で衛生的な製品を作ろうと奔走する。

主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。

『パッドマン 』試写会で観てきました! ちょー面白くて、そして元気になる映画!勇気も貰えておススメです!… instagram.com/p/BpGwIwGlp_t/…

試写で観た【パッドマン 5億人の女性を救った男】が期待値をはるかに超えて 面白かった。パロったタイトルかと思いきやこれぞ本当の意味でのスーパーヒーロー!愛と信念を貫くために地獄の底から這い上がろうとするお話とラストのスピーチで大感動!!とても良い&超おススメ作品です。#パッドマン

◆『おとなの恋は、まわり道』(12月7日公開)

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが4度目の共演を果たし、それぞれ個性が強すぎるために仕事も恋も上手くいかない男女の恋の行方を描いたラブストーリー。

1 2