1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

女性必見!!パラレルワークにお勧めの資格はこれだ、厳選8選!

皆さんはパラレルワークというのをご存知でしょうか。これはいくつかの仕事を持つ事によって、生き方やリスク回避を目的としています。つまり一種の働き方改革の一環なのかもしれません。そこで今回はそんなパラレルワークを行ううえでお勧めの資格を紹介したいと思います。一緒に頑張って働きましょう!!

更新日: 2018年11月30日

36 お気に入り 9489 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

昨今は、職場環境が変わりつつある

労働者を取り巻く環境は近来目まぐるしく変化してきました。女性の職場進出やパトタイマーの増大、人材派遣業の誕生などはその代表と言えるでしょう。こうした中で働く労働者の意識も多様化してきました。

働き方改革もその一例ででしょう。

護送船団方式で、助け合っていた側面がありましたが、昨今は崩壊しつつあります。

少子高齢化が進み、労働力不足が課題になっている今、女性を含めてさまざまな人が快適に働けるかどうかは、企業として生き残りにも関わる重要な問題です。

女性もそうですが、人材が一部に行き届いていないことが結構あります。ですから、幅広く仕事を回すことが重要になっているともいえます。

昔の女性はハタチ前にお嫁に行く家の方が多く、女性が家の中以外で働くことは当たり前ではありませんでした。しかし、今の時代は男女関係なく学校卒業後は社会に出て働くというのが一般的。

それにもかかわらず女性の平均年収は男性よりも低く、一度仕事を辞めたら復帰しづらいというデータもあります。

つまり、つぶしが効かないといけないのです。ですから、復帰しやすく且つ、復帰した時に有利なスキルを身に着ける事が必須です。そこでパラレルワークなのです。

パラレルワークとは?

「パラレルワーク」という言葉をご存知でしょうか?

パラレルワークとは、同時並行でビジネスをすることを意味する言葉ですが、「複数の収入源を持ち、一つのビジネスに依存しない働き方」ということです。

「複数」のビジネスを持つというと、すぐに「副業」を思い浮かべる人もいるかもしれません。
しかし、本当の意味での「パラレルワーク」とは必ずしも「副業」を持つことを意味しません。むしろどちらかといえば、「複数の本業」に同時並行で携わる、というニュアンスが強いです。

日々のライフサイクルにエッセンスを加える事が出来ます。同じことを繰り返すと飽きますからね。

働き方によっては、パラレルワークで収入をアップさせることも可能です。前述したとおり、大企業であっても倒産しない保証はどこにもありません。パラレルワークを行っていれば、仮にビジネスがひとつなくなったとしても他のビジネスは残っているため、収入がゼロになってしまうことはありません。

役割を見つける事が出来ます。

パラレルワークとして働いていく過程において、本業では関わる機会のない人たちと出会うチャンスがあります。この新たに形成した人脈を使って、ビジネスチャンスや利益を生み出してくれることもあります。幅広い人脈ができるということは、それだけ価値のある資産なのです。

とても重要な要素です。

この時代重要な資格がある

これから資格を取ると言っても、「どれくらい勉強をすればいいのか」「合格できなかったら時間の無駄ではないか」といった心配がありますよね。30歳を過ぎた女性は、新しいことにチャレンジするのに勇気がいるかもしれません。

しかし、仕事の知識や経験がなくても、ゼロから取れる資格はいくつも存在します!

重要なのは、中のソフトを使いこなせるかです。

MOSのスペシャリストレベル(一般)の難易度としては、そのソフトの基本操作が分かる程度。と考えて大丈夫でしょう。そのため職業訓練の初心者パソコンビジネス講座や、中高年の女性でも比較的取りやすい人気の資格となっております。

これは持っておく事必須です。

スキルや知識に「+若さ」がなくても活用OK
転職時の自己アピールで武器になる
独立開業や起業が可能
働きながら独学で取得できる
受験資格が不要で誰でも受けられる
取得費用があまりかからない

そこでパラレルワークにお勧めの資格を、いくつかピックアップしました。

パラレルワークにお勧め資格

先ほど紹介した通りです。エクセルとワード両方知っておくことが大切です。

ところで、これまでのところ、宅建の世界では女性は今でも少数派といっていいくらいの人数しか受けていません。当然、女性の合格者も就職者も多くは誕生していません。
しかしそれは、冷静になって考えてみるともったいないことでしょう。宅建は、女性に積極的に推薦できるような資格だからです。大げさですが、「魔法の資格」なんていってもいいかもしれません。

飲食店で働いて、独立を考える女性にとっては有利な資格です。

「日本人が作る和食」という強みを最大限に活かしましょう。若者向けの和食作りの料理教室や、日本食好きの外国人が集まる国際交流イベントの時にも、このスキルが役立ちます。

在宅に向く仕事です。つまり、平日は働いて、土日はこの仕事をするという手段もとれます。

ホームヘルパーは、通信講座などを利用して自宅で勉強することができるので、忙しい方でも比較的取りやすい資格です。

資格を取ったあとは、仕事に結びつけやすいというメリットもあります。副業は本業が休みの週末や祝日、夜間に行うことが多いものです。主婦の方々が多く活躍するホームヘルパーの現場は、土日祝・夜間に人手不足になりやすいため、週末や夜だけ働きたい副業の人は重宝されます。

1 2