拷問かよw「壊れない商品」の耐久力テストが過酷すぎる

「100年着れる」や「絶対割れない」って何を根拠に言ってるの?そう思って調べてみたら衝撃の結果に!! 殴打!転落!灼熱!冷凍!もはや地獄の拷問レベルな検証テストがジワジワ来ますw

更新日: 2018年12月14日

28 お気に入り 74916 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

座っても絶対に壊れない…!?

女性が次々ハズキルーペの上に座る実験で、耐久性をアピール。

600時間休み無し!過酷すぎる試練

実は「dyson」製品は市場に出回る前にとてつもなく過酷な耐久力試験を受けていました。。

モーターを1500時間続けて動かす持続力テストや、1万回以上も本体を叩きつける衝撃実験など…実に様々な試験が

そこまでやってくれると信頼度は自然と上がりますね。

他にもこんなシュールな検証動画が

ビー玉をぶつける実験から始まり、内容は徐々にエスカレート。スパナ、ガスバーナー、自転車、さらには空手家まで登場し、ガラスを次々と攻撃…もはや作ってる人たち遊んでるww

今までにない新技術により現ガラスコーティングにおいて市場最強とも言えるコーティング剤。

密着性があるために10年を経過してもほとんど損傷なくコーティング状態を保持することが可能

もうやめたげて!100年分の拷問

ロンドンのアウトドアブランドvollebakが開発した
「100 Year Hoodie」が強すぎると話題に。

これは、防弾チョッキや宇宙服などに使われる繊維から製作されている

やはり驚きの効果を発揮するのですが…

名前の通り100年使える事をウリにしており、2000回の洗濯と4000回の着用、約100回の事故を想定

バイクに引きずられ、車に引きずられ、火花を浴び、ジェットスキーに引きずられ、そして最後にはガスバーナーで焙られているパーカー

1