1. まとめトップ

☆女性必見☆本当に優秀なクレンジングのおススメをご紹介♪♪

肌を思っているからこそクレンジングにはこだわりたいですね♪そんなおススメのクレンジングオイルをご紹介☆

更新日: 2018年11月30日

2 お気に入り 3258 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kanoyasanさん

クレンジングの正しい選び方

クレンジングって、オイルやリキッド、ジェルにクリーム、それからミルクタイプなどなど・・・

本当に数多くの種類が市販されていますし、価格もピンキリですよね。

その中から、本当に満足度の高いクレンジング料を選ぶなら、ふだんしているベースメイクの濃さに合わせることがポイント。

毎日のメイク汚れをきちんと落とせるクレンジングを選ぶことが健康な肌づくりには最も大切なんです。とはいえ、肌質は人によって千差万別ですよね。

数あるクレンジングの中から、自分の肌に合うクレンジングを見つけるのはなかなか難しいものです。

クレンジングはタイプによってどう違う?

クレンジングは、主に水と油分、界面活性剤で作られています。

そして、その配合バランスによって

クリームタイプ
ミルクタイプ
ジェル・リキッドタイプ
オイルタイプ
ローション(シート)タイプ
と、何種類かのタイプに分かれ、それぞれ洗浄力や向いている肌質が異なります。

クリームタイプ

ミルクタイプの次にお肌に負担がかかりにくいクリームタイプ。厚みのあるクリームはお肌への摩擦を軽減し、皮脂を落としすぎずにうるおいをキープしてくれる。
洗い流すタイプと拭き取りタイプがあるが、お肌のことを考えたら是非洗い流しタイプをおすすめしたい。拭き取りタイプは拭き取りの際にお肌を摩擦してダメージを与えてしまったり、メイクが拭き取りきれていないこともあるので注意が必要。

ミルクタイプ

乳液のようなテクスチャーでやさしくメイクを落とすミルクタイプ。保湿力が高いものが多く、乾燥肌・敏感肌・肌荒れときでも使いやすいのが特徴。
洗浄力は低いので濃いメイクには不向き。ポイントメイクリムーバーを併用するか、ナチュラルメイクのときに使用して。

オイルタイプ

油分を多く配合しているオイルタイプ。濃いメイクもスッキリ落とせるから、普段からしっかりメイクの方におすすめ。落としにくいポイントメイクもリムーバー無しで一緒に落とせるから、時短で済ませたいときにも。
しかし、お肌への負担がかかるので、ナチュラルメイクのときには他のものを使うと◎。

ジェルタイプ

オイルタイプの次に洗浄力の高いジェルタイプ。それでいて保湿力の高いものもあり、お肌への負担が少なくなっている。さっぱりとした洗い心地でクリーム系のベタつきが苦手なひとにおすすめ。油性・水性があり、水性タイプはマツエクでも使えるものが多い。

リムーバータイプ

特定の部分のみのメイクを落とすリムーバータイプ。ウォータープルーフタイプのマスカラ・アイライナーや、ティントタイプの口紅など通常のクレンジングで落としにくいポイントメイクは、リムーバーを使いピンポイントできれいにすることが大切。その後、通常クレンジングでファンデーションなどを落として。

クレンジングは「成分」もこだわるべき?

いざクレンジングを購入しようと調べてみると、種類が豊富すぎて一体どれを選んでいいのかわからない…というひとも多いはず。そんなときは「成分」に着目してみて。

一般的にお肌にやさしいと言われているのは、「香料、着色料、防腐剤、合成界面活性剤、鉱物油、アルコールなどの添加物」が入っていない低刺激なもの。肌荒れ時などお肌が弱っていたり敏感に傾いているときは特にこのような商品を選びたい。

クレンジングは、プチプラでもいい?

クレンジングも化粧水や美容液同様、デパコス人気は高いものの、ドラッグストアなどで販売されているプチプラのものでも優秀な品は、もちろんたくさんある。使用感や成分、購入のしやすさなどから、自分に合うものを見極めてみて。

クレンジングのタイプ別洗浄力の違い

最も洗浄力が強いのはオイルタイプで、一番弱いのが乳液のようなテクスチャのミルクタイプのクレンジング料。

それぞれどの程度のメイク落としに向いているか、洗浄力の高い順に解説すると以下のとおりです。

クレンジングのタイプ別におすすめの肌質はあるの?

クリームクレンジングが洗浄力もそこそこで、メイク落としによる肌の負担も少なく、どんな肌質にも向くオールマイティタイプ。

反対に、ローション(シート)タイプが最も刺激が強く、肌への負担は大きくなっています。

一般的に洗浄力が高いほど脱脂作用が高く、本来、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう傾向があります。

敏感肌など、肌トラブルがある肌質の方は、肌へのやさしさを最優先にクレンジングを選びましょう!

クレンジングオイルおすすめ

6種の植物オイルを配合したオイルクレンジング 「ミムラ クレンジングオイル」

■スキンケアで最も重要な『クレンジング』

スキンケアで最も重要なのは『クレンジング』という考えからたどり着いたのがオイルクレンジングでした。洗浄力の高いオイルは肌を無駄に擦ることなく、肌へのダメージが軽減されます。「ミムラ クレンジングオイル」は高い洗浄力と保湿力、この相反する2つの条件を満たすために『6つの植物オイル』『3つのセラミド』を贅沢に配合し、しっかり洗浄した後にオイルのベールに包まれるように試作を重ねて完成しました。

■6つの植物オイルを贅沢に配合

「ミムラ クレンジングオイル」 は、ワサビノキ種子油(モリンガオイル)、オプンチアフィクスインジカ種子油(ウチワサボテン種子油)、マカデミア種子油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、アボカド油の6種の植物オイルを使用したクレンジングオイルです。

そのほかにも3種類のセラミドを配合し、しっかりとした洗浄力と保湿の両方を実現させました。W洗顔不要、濡れた手でもお風呂でも使える仕様でまつ毛エクステにも対応しています。(※)

パラベンフリー・鉱物油フリー・合成香料フリー・タール色素フリーで、美肌の基本であるクレンジングオイルとして嬉しいアイテムです。

※一般的なグルー/シアノアクリレート系の場合
■高い抗酸化作用で注目の植物オイル

「ミムラ クレンジングオイル」に配合されている植物オイルは、いずれも抗酸化作用が高いものですが、なかでもワサビノキ種子油(モリンガオイル)はオレイン酸の含有量も高く、近年注目の植物オイルです。熱帯や亜熱帯の高温で乾燥した地域、干ばつの貧しい土地でも力強く成長するため、奇跡の木と呼ばれるモリンガの種子から採集したオイルです。オプンチアフィクスインジカ種子油は過酷な環境で成長するウチワサボテンの種子から抽出したオイルで、アルガンオイルの4倍ビタミンEを含有し、肌への高い浸透力と水分保水力に優れています。

パラドゥ「スキンケアクレンジング」

パラドゥ 
スキンケアクレンジング
23g:237円(税抜)
120g:1,200円(税抜)
240g:1,500円(税抜)

肌に軽くなじませるだけでメイクが浮き上がり、落ちにくいメイクもしっかりオフできるミルククレンジング。美容液成分89%配合で洗い上がり後もつっぱらず、うるおいのある肌に導く。3サイズあるから、お試ししやすいのもうれしい。

ATTENIR 「スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ」

ATTENIR
スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ
175ml 1,700円(税抜)

4種類の高級美容オイルを配合した大人のためのクレンジングオイル。くすみの原因となる肌ステインをロックローズオイルが除去して、クリアで明るい肌に導く。濡れた手でも使えるウォーターキャッチオイル処方。スピーディメルティング成分がフィット感の高いファンデーションや、ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクも瞬時に浮き上がらせる。

KIEHL'S SINCE 1851 ミッドナイトボタニカル クレンジングオイル

KIEHL'S SINCE 1851 
ミッドナイトボタニカル クレンジングオイル 175ml 3,800円(税抜)

オイルなのにメイクも毛穴汚れもやさしくオフしてしっとりとした洗い心地を叶えてくれる。夜のターンオーバーに着目したスキンケア効果の高い1本。ダブル洗顔不要。

【シェルクルール】ベーシッククリーム|パックもマッサージもできるスペシャルケア

「与えることより引き出す」をテーマにお肌を正常な状態に導く低刺激性のクレンジングクリームです。

発売から30年たった今も多くの人に支持され、ベストコスメアワード2017の@cosmestoreベストヒット賞第3位の受賞歴もある実力派です。マッサージ料ランキング3位、クレンジングクリームランキング4位と今も人気が衰えないクレンジングクリームです。

お風呂の中でパックができマッサージクリームとしても使えるので、リラックスしながらスキンケアができます。クレンジングタイムをスペシャルケアの時間にしてくださいね。

1 2