1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スーツが売れない…大手紳士服メーカーが揃って赤字の理由とは

男性用のビジネススーツが売れない…。大手紳士服メーカーが不況にさらされているワケとは?

更新日: 2018年12月01日

15 お気に入り 62622 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ビジネススーツ

ビジネススーツは、仕事をする際に着用するものだといえるでしょう。社会人になって、スーツを着る場合はビジネススーツを着用する

ビジネスに黒スーツは基本的にNGです。黒いタキシードに代表されるように、本来黒のスーツは晴れの日か葬儀のときに着るもの

ビシッとキメてくれていれば、「かっこよく見える」「3割増しで見せてくれる」確率が高い

■そんなスーツが売れない…

スーツ業界にとって、悪夢のような夏だった――。紳士服大手の青山商事、AOKIホールディングス(HD)、はるやまHDは4~9月の半期業績で、コナカは2018年9月期の通期業績で最終赤字に陥った

青山商事は8年ぶり、AOKI HDは初の最終赤字である。青山商事、AOKI HDは3月期の業績予想も下方修正した。

天候要因もあるものの、ビジネスシーンにおけるスーツ離れも業績に影を落とす

■消費者のスーツ離れが原因だ

これまでビジネスパーソンといえばスーツを着ているのが当たり前だったが、そうした状況に変化が生じている。

深刻なスーツ離れが進んでいるのだ。紳士服業界にとっては受難の時代を迎えつつある。

特にベンチャーやIT企業を中心にスーツを着ない人が増えたことで、紳士服業界にとって苦しい時代が到来している。

■スーツを必要としない職場が増えているという

若者のスーツ離れが始まり、クールビズなどによって全体的にスーツの需要は減ってきている

団塊世代の大量退職や職場のカジュアルウェア化、少子高齢化も影響してスーツ人口は相対的に減少

この10年で、契約社員やフリーランスなど服装に縛られることなく働く人が増えたうえ、企業も『クールビズ』や『カジュアルフライデー』を推進し、スーツを着ないよう指導している

■実際にスーツの必要性を感じなくなってきている人は多い

仕事でスーツ着なくなったからスーツ代およびクリーニング代の捻出がなくなり、金もないのでいよいよ安いブランドのさらにセール品とかで済ませてる昨今、エイトちゃんたちの私服がとんでもない金額に見えてくる……かっこいい人達には素敵な服を着ててほしいので良きことだ。たまに謎デザインだけど。

スーツ需要が減ってる。確かにクールビズだし仕事であまり着なくなったからそれはわかる。 でも、ビジネス上きちんと着て行かないと気後れする場も存在するので、そういう人は困らないよう準備してると思う。 個人的には値段より品質やお店の信頼性。もちろん手の出る範囲で^_^;

仕事着は、UNIQLOオンリーに スーツとか着なくなったなあ 毎日、期待とは思わないけど(クリーニング大変だから

仕事で全くスーツを着なくなったから1、2着残して全部売り払って金にしたい

この夏は、以前よりも真夏にスーツのサラリーマンを見かける機会が減ったような気がするけど、気のせいでないといいなと思います。ちなみにうちの会社では、春に引っ越してからどんどんカジュアル化している気がします、、原宿という場所柄か、快適なオフィスのおかげか。 www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

■更に、格安のスーツが出回っていることも、大手紳士服メーカーの売り上げ低下に拍車をかけているようだ

イオンはプライベートブランド(PB)「トップバリュ」でスーツを販売。価格は安いもので1万3000円(税別、以下同)程度

1 2