1. まとめトップ

ココイチがダイエットメニューを販売へ!!カリフラワーカレーを食べて楽しくダイエット!

カレーといえば、小麦粉や脂質が大きいので太りやすい食べ物で、ダイエットでは避けられていました。しかし、この度ココイチは、ごはんをカリフラワーにするという「カリフラワーカレー」を開発して、ダイエット中でもカレーを食べたい人々にとっては歓喜の声があがっています。

更新日: 2018年12月02日

4 お気に入り 3272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カレーはとてもおいしいけど太りやすい食べ物だ

僕は #CoCo壱#カレー 大好きなんですが、 皆さんのおすすめの トッピング教えてください 今度試すので pic.twitter.com/xSyXSQw6Fq

お子様だけに人気というわけではありません。

・糖質と脂質がまざっている
実は糖質と脂質がまざっているほど体内で分解しにくく
体脂肪になりやすい食材ですので基本は避けたほうが賢明。
特にカレーなどのルーは小麦粉と脂分が合体しまくり
意外と塩分過多ですので取りすぎは太るもとになりやすく、

カレールウ自体はカロリーが低いようです。

カロリーが高いんですよ。

食べ放題だからと、ライスやナンを食べ過ぎる
カレーのランチなどを食べに行くと、「ライスおかわり自由」「ナン食べ放題」といったサービスをよく見かけます。「この際、いっぱい食べよう」と、ついつい食べ過ぎるのですが、これらは糖質の塊…。当然太りやすくなります。

近年、糖質を制限した食事は、健康志向の高まりやダイエットに効果があると注目を集めていますが、カレーライスはメインの食材であるご飯に糖質を多く含んでいます。

カレーはスパイシーで食欲をそそるので、ついお替りしちゃいますよね。
カレーが美味しいから、たっぷりカレーをご飯にかけると、カレーがかかっていることによってご飯があんまり噛まなくても飲み込めちゃいます。

食欲を掻き立てるのも大きな要因です。

そこでココイチがダイエットカレーを開発した。これで、糖質問題も解決!

「ロカボ」は、1食で20~40gの糖質量(1日では、70~130g)を摂取することが適正という考え方で、病気やダイエットのため、カレーライスが食べられない人にも、日本の国民食であるカレーを、おいしく健康にいつでも食べてられるように開発されたのが「CoCo de オフカレー」。

ライスの代わりに糖質の少ないカリフラワーを使用したメニュー。
カリフラワー約120gとライス約30g使用。

一見御飯ですが、なんとカリフラワーが入っています。お米もちょっとあるので物足りない人にはお勧めです。

「CoCo de オフカレー」は、ココイチでおなじみのポークソースを使用しつつ、ご飯の量を減らし、その代わりに糖質の少ないカリフラワーを使用することで、1食あたりの糖質を約半分に抑えられています。商品ラインアップとして、ココイチの特徴の一つであるトッピングを2種類組み合わせたメニューを3パターン用意。

お好みのパターンを選んでください。

カレーハウスCoCo壱番屋は12月1日から、初の糖質オフメニュー「CoCo de オフカレー」を全国で販売する。

そしてカリフラワーはダイエットに最適の野菜だ!

ブロッコリーのように、メジャーな野菜とは言えないカリフラワーですが、実は健康や美容に敏感なニューヨーカーの間では、カリフラワーに含まれる栄養素に注目が集まり、新たなダイエットフードとして人気が高まっています。

豊富な栄養素を持つカリフラワー。

中でもビタミンCは、含有量こそブロッコリーの方が多いものの、カリフラワーに含まれるビタミンCは加熱に強いことから、煮たり蒸したりしても成分を失うことがありません。

ダイエットに不足がちなのは栄養ですが、これはうれしいです。

ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はたんぱく質というように、食べ物で摂取した成分の代謝を活発にすることで脂肪のつきにくい体を作ることができます。

さあココイチへGO!!

アメリカのダイエットで注目されているキーワードが「低糖質」と「グルテンフリー」。そして食材を無駄にしない「NOTフードロス」の動き。じつはこれらすべてを満たすのが、NYを中心にブームとなっている「カリフラワー」なのです。

期待と喜びの声が多数

カレー専門店がついに!! これは絶対に新規客来るよ。少なくとも私と母は一回は試すつもり。 #糖質制限 ココイチが糖質オフのカレー 米の代わりにカリフラワー #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

1 2