1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

未来のスター候補!2018年「オーディション」グランプリ受賞者たち

新たな才能を発掘するため、芸能事務所や雑誌社が主催する「オーディション(コンテスト)」。中には芸能人の登竜門的なものも。2018年に開催された中からグランプリを受賞した未来のスター候補10人。愛花、沢口愛華、来栖りん、友望、寺田最可、川瀬莉子、越智美月、照内心陽、松本大輝、鈴鹿央士。

更新日: 2018年12月17日

25 お気に入り 41666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆愛花『ViVi専属モデルオーディション』

ViVi創刊35周年の特別企画として、今年3月21日に始まったViVi専属モデルオーディション。かつてNHK朝ドラ女優の佐久間由衣などを輩出したこの登竜門から、ついにグランプリが決定。

6,812件の応募の中から選ばれたのは、愛花さん。愛花とかいて、エリカと読みます。

◆沢口愛華『ミスマガジン 2018』

斉藤由貴や細川ふみえ、その後も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩らを輩出した「ミスマガジン」が7年ぶりに復活。

「グランプリ」を受賞したのは沢口愛華。沢口は2003年2月24日生まれ、愛知県出身の現在15歳。ベスト16進出者の中では最年少で、名古屋発のアイドルユニット「dela」のメンバーとしても活躍中。

7年ぶりに復活したミスコン「ミスマガジン」の2018年受賞者が、「劇団ミスマガジン」を結成。グランプリの沢口愛華(15)や各賞受賞者5人を中心した次世代のブレーク候補たちが参加し、舞台演劇に挑戦する。

◆来栖りん『制コレ18』

週刊ヤングジャンプが主催する美少女の登竜門『制コレ18』のグランプリに、“正統派美少女の最新型”来栖りんが選ばれた。

「制コレ18」は、約10年ぶりの復活を果たした美少女の登竜門。グランプリ&準グランプリには写真集発売が確約、さらに上位2名+数名は制コレ18選抜メンバーとされ、1年間ヤングジャンプグラビアなどを彩るという。

来栖りんは、東京都出身、2000年11月8日生まれの17歳。5人組アイドルグループ「26時のマスカレイド」(通称:ニジマス)でセンターを務める中心メンバーだ。

◆友望『ミスiD2019』

「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探す、講談社主催のオーディション「ミスiD2019」。「2019グランプリ」には、ラーメン屋でアルバイト中の大学一年生「友望(とも)」(18)。

一見地味ながら「瞳の強さ」「オーラ」「カリスマ性」を持ち、「手なづけられない野生の原石」(実行委員長・小林司)と存在感が高く評価された。

2012年の第1回以来、史上最年少「ViVi」モデルの玉城ティナ、“神スイング”稲村亜美、LADYBABYの金子理江、広瀬すずに「日本一かわいい」と絶賛された多屋来夢など、今までにいそうでいなかったインディペンデントなネオ・ガールを輩出している。

◆寺田最可「松竹ジャパングランプリ 全国オーディション2018」

松竹、松竹芸能、松竹エンタテイメントによる初の大型合同オーディション『松竹ジャパングランプリ 全国オーディション2018』。約2500人の中から、大阪出身の女子高生でシンガーソングライターの寺田最可(もか)さん(16)がグランプリに輝いた。

寺田さんは26組で争われた決勝でギターの弾き語りでオリジナル曲「ここにいる」を披露し、審査員のハートをわしづかみにした。寺田さんは中1からギターを弾き始め、書きためたオリジナル曲は約100曲あるという。

寺田さんは、芸能界デビューが決定。特典として「松竹映画作品・舞台作品出演」「松竹コンテンツ出演」「松竹エンタテイメントor松竹芸能専属契約」「松竹芸能タレントスクール入学権」などが与えられた。

1 2