1. まとめトップ

冬の乾燥で目元にシワが…老け見え防止のアイケアまとめ

女性が老けて見られる原因の2位は「目元のシワ」だそうです。(ちなみに1位はほうれい線)シワの原因は主に乾燥。皮膚が薄いので乾燥しやすいからシワもできやすいとか。シワの原因と対策のアイケア、そしておすすめアイクリームをまとめました。

更新日: 2018年12月03日

3 お気に入り 3017 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

老けて見える顔の特徴第2位は「目元のシワ」だそうです。

marinkorinさん

目元・目尻のシワ、どーにかしたい!

ふと窓に写った自分! 目のクマとシワがやべえ!!!

目の周りは皮膚が薄いので目元はシワができやすいです。 他の部位の皮膚を段ボールの厚さとすると目の周りの皮膚はA4の紙のような薄さしかありません。 紙がクシャっ!と簡単にシワができるように、目元もシワができやすいのです pic.twitter.com/5ym4B2VBxm

目元はシワの宝庫…。

目のクマとこれから深くなりそうなシワが怖いのでアイクリームを買いたいんだけど、どこのがオススメですか。

後ほどオススメのアイクリームもご紹介!

目元のシワは老け見え原因の2位!

誰でも笑顔は素敵なものですが、目尻のシワは油断できない老けポイント。

目は顔のパーツの中で最も目立つ部分。目元にシワがあるだけで、老け顔の印象になってしまうのです。

目元のシワの原因とは

▼乾燥

目周りは、お顔の中でも皮膚が薄くデリケートな場所で、お肌のうるおいいが失われて乾燥しやすいです。

肌がどんどん乾燥して固くなり、層の中にひずみをつくります。これがいわゆる「ちりめんじわ」。

▼紫外線

紫外線はあらゆる肌の老化現象の原因になり、小じわ・ちりめんじわも例外ではありません。強い紫外線を浴び続けると活性酸素が発生して肌の老化が進み、水分保持機能が低下します。

▼加齢

加齢によって筋肉が衰えていき、肌の弾力性が失われていくと深くくっきりとした深しわができてしまいます。

眼輪筋が衰えていると、眼窩脂肪の飛び出しを押さえることができません。これが原因で目の下にたるみができることによって、しわが生まれてしまうのです。

シワ対策には保湿が有効!

目尻のシワを消すには、まずはお肌のうるおいを取り戻すことです。そのためには、スキンケアでの「補水」と、そのうるおいを「保湿」して閉じ込めるが大切です。

目元の皮膚は薄く、皮脂腺が少ないので乾燥に弱いという性質があります。そのため、重点的に保湿ケアをしてあげることが大切です。

目の下の小じわが気になる場合、うるおいを保つバリア力が弱くなっている可能性がとても高いです。その場合、ヒト型セラミドなど肌バリアをおぎなう保湿がおすすめ。

アイクリームでマッサージ

・目頭と鼻の間あたりを親指で軽く押さえます。
・眉毛の下あたりの骨のキワに沿って何ヶ所かを親指で上に押すようにして、軽く押さえます。
・目尻のあたりを中指で押さえます。
・目の下の骨のキワに沿って何ヶ所かを中指で軽く押さえます。
・目の周りをクルッとひと回りして、スタートの場所に戻ってきたらゴールです。

摩擦によるシワを増やさないように、マッサージの前には必ずアイクリームなどを塗って滑りを良くしましょう。

指の腹で目じりを優しく押し、顔の外側に向かって押しながら移動させていきます。1日に1分間行うだけで、目尻の辺りがすっきりとした感じになります。

1 2