1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

成田凌から下野紘まで!映画「初主演」する俳優たち

2019年公開予定映画で「初主演」する俳優6人。成田凌『カツベン!』、Kis-My-Ft2の北山宏光『トラさん 僕が猫になったワケ』、EXILEの佐藤大樹『4月の君、スピカ。』、福地桃子『あまのがわ』、崎山つばさ『クロガラス』、下野紘『クロノス・ジョウンターの伝説』。

更新日: 2018年12月09日

7 お気に入り 21783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『あまのがわ』(2019年2月9日公開)

俳優・哀川翔の娘で女優の福地桃子が映画デビュー作にして初主演を務める映画『あまのがわ』。

本作は、大好きな太鼓を母に反対され、心を閉ざして不登校になった高校生・史織(福地)と、交通事故で体の自由が効かなくなり生きる目的すらも見失った青年・星空の心の成長を描く。

星空を演じるのは「仮面ライダーゴースト」(2015年、テレビ朝日系)などで知られる柳喬之。星空の母に杉本彩、史織の母に生田智子、史織の祖母には水野久美らが出演する。

◆『トラさん 僕が猫になったワケ』(2019年2月15日公開)

Kis-My-Ft2の北山宏光が、板羽皆の同名漫画を実写化する『トラさん』で映画初主演。

事故で死んだはずの男が猫となって家族と自分を見つめ直す物語。

北山演じる主人公の妻と娘を演じるのは、『あやしい彼女』などの多部未華子と『ミックス。』などの子役・平澤宏々路。監督を『Sweet Rain 死神の精度』などの筧昌也が務める。

◆『4月の君、スピカ。』(2019年春公開)

杉山美和子によるマンガ「4月の君、スピカ。」の実写映画化が決定。福原遥と佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)がダブル主演を務める。

超スパルタの進学校で天文部に入部した少女・早乙女星(さおとめ せい)と、彼女を部に誘った、天文好きの無口な美少年・大高深月(みづき)、気はいいが口の悪い・宇田川泰陽(たいよう)による、甘く切ない三角関係を描く。

メガホンを取るのは、『NANA』シリーズや『黒執事』を手掛け、本作が4年ぶりの劇場作品となる大谷健太郎監督。脚本はドラマ「アリスの棘」「砂の塔~知りすぎた隣人」などの池田奈津子が担当する。

映画初主演の佐藤は「星をテーマにした心温まる作品で映画を見た後に本気の恋をしたくなるキュンキュンする映画にしたいです」とコメント。

◆『クロガラス』(2019年春公開)

ミュージカル『刀剣乱舞』の石切丸役や、『煉獄に笑う』の曇芭恋役など、いわゆる2.5次元舞台で活躍中の俳優・崎山つばさ(28)が、2019年春公開の劇場映画『クロガラス』で映画初主演を務める。

新宿歌舞伎町を舞台にした東京アンダーグラウンド系アクションエンターテインメント作品。現在、2部作の制作が進んでいる。

“解決屋”のチームリーダーを崎山、その相棒を喜劇「おそ松さん」の植田圭輔が演じ、ヒロイン役で最上もがが出演する。そのほか「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の西川俊介、SUPER☆GiRLSからの卒業を控える浅川梨奈。

◆『クロノス・ジョウンターの伝説』(2019年春公開)

アニメ「進撃の巨人」「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズなどで知られる人気声優・下野紘が、2019年春公開予定の映画『クロノス・ジョウンターの伝説』で、実写映画初主演。

SF小説界の巨匠・梶尾真治氏の叙情SFの傑作『クロノス・ジョウンターの伝説』を、『アリス・イン・ドリームランド』や『サンタクロースがやってきた』など海外との合作映画を手がけてきた蜂須賀健太郎監督が完全映画化。

1 2