1. まとめトップ
  2. 雑学

「私が悪いの!?」右折車線にあるゼブラゾーンの誤解が危険すぎた!!

右折車線手前にある斜線のゾーン、「ゼブラゾーン」の誤解が事故を招く!?危険すぎる「ゼブラゾーン」についてまとめました。事故の回避方法は実は簡単です。

更新日: 2018年12月05日

32 お気に入り 99003 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

知らない人を馬鹿にするのは良くないと思うけど、知らないままにしておくのも良くないと思う。それよりも、教習所は事実を重く受け止める必要があるよ。

momoizumiさん

◆道路中央部、右折車線の手前にある「導流帯」

右折レーンの手前でよく見かける、ゼブラゾーン。これは、車両の走行を誘導するためにある「表示」(標識ではない)で、「導流帯」とも呼ばれている。

ゼブラゾーンの目的は直進車が間違えて右折レーンへ侵入してしまうことを防止するために設置されたもの。

◆ゼブラゾーンを走るのは違法!?

道路交通法ではゼブラゾーンに入ることは禁止されていませんし、ゼブラゾーンを走行したからといって罰則もありません。

進入禁止という規則ではないので、意外かもしれないが、導流帯(ゼブラゾーン)走行は違反・違法ではなく、当然走ったとしても、一切お咎めなし

ゼブラゾーンを通っても良いことが周知されていない事実は裁判所も認めている。

やたらとゼブラゾーンに入るものではないと考えられています。そのため、ゼブラゾーンを走行する車両が事故を起こした場合には、過失割合が加算されることがあります。

ゼブラゾーンを走行している場合は過失の修正が発生する場合があります。

◆ゼブラゾーンの誤解は多い

多少ゼブラゾーンのコーナーをショートカットして走る車はあっても長い距離ゼブラゾーンを走行し続ける車はほとんど見かけません。

教習所でゼブラゾーンを通行しないように指導を行っているので、ゼブラゾーンに侵入しないように心がけているドライバーも多いことでしょう。

教習所で通行禁止と教わったので、規則を守ってゼブラゾーンに沿って右折しようとしたら、お構いなしに後方から結構な速度で走ってくる車が沢山います。

教習所でも禁止と教えている場合もあった!?

ゼブラゾーンを進入禁止だと思ってる人、本当に危ないからちゃんと勉強して!って、通勤中毎回思ってる

ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性…勘違いしている人が続出… kwsklife.com/zebrazone-dang… 教習所のおっさんは避けて走れって言ったけどあれ間違いだったのか……

ネットで初めて知ったけど、このゼブラゾーン通るべきって教習所では全く教えてくれなかったな

◆そして、ゼブラゾーンの誤解が招く事故も結構多い……

事故になると、基本的に後方確認不足ということで、ゼブラゾーンの終わりから車線変更をした車の過失割合が高くなるようです。

ゼブラゾーンを走行してきた車Aと、その存在に気付かずに車線変更してきた車Bが接触事故を起こした場合は、車線変更してきた車Bの方が過失割合は大きくなるとも言われています。

進路変更は、道路交通法にしたがって安全に行われないといけないのです。

「ゼブラゾーンを通ってきた車が悪い!」という勘違い以前に大切なこと。

結構黒い方の動きする車多いけど、まじであぶないから!(前も載せたことあるけど…) 赤い方がゼブラゾーン突っ切ってきてるのは別に違反もしてないし、もしこれで接触事故したら7:3くらいで黒い方が悪くなるのでご注意を。 まぁ詳しく知りたければ「導流帯」でお調べくださいませー pic.twitter.com/hFnr3SlFbF

接触事故起こしました ゼブラゾーンを使って早めに右折レーン走行中 右折レーンに車線変更してきた原付のミラーが前輪の少し前くらいに接触して転倒 転倒時のけがで肋骨ヒビだそうです 右に寄ってきた時にクラクション鳴らしてブレーキ踏んだけど間に合わず テンションが下がる

◆似てるけど、「安全地帯」は走行してはいけない

安全地帯は周囲が黄色いラインで囲まれているので、ゼブラゾーンとの違いはそこで見分けましょう。

ゼブラゾーンの周囲に黄色いラインがあったらそれは安全地帯となり、車両の進行が禁止されている場所となります。

こんばんは!日産レンタカーです(╹◡╹) 「ゼブラゾーン」 実はここの上は走行していいんです❗️法律でも定まってないし、罰則もなし☝教習所等で避けなければならないと教わった方もいるのでは❓ちなみに黄色い線でシマシマを囲った「安全地帯」はもちろん侵入してはいけませんよ☝ pic.twitter.com/SLgJq35DfR

1 2