かつて同僚だったダンブルドアからは「多大な才能」「非常に優れた魔法使い」と高い評価を受けており、死喰い人も彼を勧誘しようとしていた。閉心術にも長けているほか、分霊箱についての知識も持っているなど学識も豊富。ヴォルデモートを倒すための鍵になる分霊箱の存在を唯一知っていた人だが殺されることはなかった。これはヴォルデモート自身が殺すには惜しい逸材であると彼をかっていて、どうにか仲間に引き入れようとしていたからだと推測される。

前へ 次へ