1. まとめトップ

職場で褒め上手になるには?

職場の雰囲気を良くさせ、仕事の効率や流れも良くさせる効果があるのが褒めること。上司や先輩にとって褒めることはスキルにさえなるのは、それが部下や後輩のモチベーションを上げることにつながる事だけではなく、自分に返ってくる好循環を生むからです。では職場においてどう褒めるとよいのでしょう?

更新日: 2018年12月05日

3 お気に入り 388 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・プロセスを褒める

結果だけでなく、結果に向けて作業を進行している途中で、目をかけて、進め方を承認するということも大事なことです。特に新入社員や、キャリアの浅い若手社員は、自分の作業の進め方に対して、これでいいのかどうか迷いながらやっていることもあるでしょう。「それでいい。うまくやっている」「正しく進めることが出来ている」と上司や先輩から認めてもらえれば、安心して業務に取り組めます。

途中経過をこまめに連絡・報告・相談してきたときも、「報告してくれてありがとう」「よく相談してくれたね」など、認めて褒める言葉をかけると、やる気に繋がります。

ミスの報告だったとしても、ミスの内容に関わらず、「この段階で自分に報告したのは適切な対処だった」と褒めましょう。そこをスルーして、叱責の言葉だけになってしまうと、次にミスをしたとき、出来るだけ報告を遅らせようとするようになるかもしれません。「報告」という部分だけスポットを当てて褒めれば、「次からもきちんと報告しよう」という義務感と責任感が生まれます。

悪い部分はよく目につき、きちんと出来ている部分は「出来て当然」として見過ごしてしまいがちですが、そこを見過ごさず、上手に褒めることで、部下・後輩の社員としての責任感を育てることが出来ます。「自分のときは誰も褒めてなどくれなかった」と、自分基準に考えず、大きな気持ちで下の世代に接してあげてください。

・結果を褒める

出した結果については、適切な評価をし、きちんと褒めましょう。数値や順位だけでなく、その成果を得るために何をやったのか、おろそかにせず取り組んだ作業は何か、丁寧に目を通すことが大切です。

成果だけを褒めると、「やり方はどうでも、数字さえ達成すればそれでいいのか」などと、投げやりな気持ちになってしまうかもしれません。内容にも焦点を当てて、具体的に評価の言葉をかけてあげるのが、褒め上手な上司としてのスキルです。

・努力を褒める

たとえ結果が今ひとつだったとしても、「よく頑張った」と努力を褒める言葉をかけてあげてください。褒め言葉をかけられると、人は「認められた」と感じ、その言葉自体が報奨となります。報奨を得られれば、相手への感謝を感じて、「この人に報いよう」とさらなる努力に繋がります。また、努力を褒められれば、努力することそれ自体に価値を見出して、「頑張ろう」と思えるようになります。

成長のスピードはゆっくりでも、地道に努力を続け、大器晩成型で花開くタイプもいます。そんな社員があなたの元で才能を開花させれば、「褒め上手な上司」としての評価を定着させることが出来ますね。

・具体的にほめる

「あの会社から大型受注できたなんてすごいね」

「あのプレゼン資料、説得力があってよかったよ」

そうすると、相手は「自分のことをちゃんと見てくれているんだ」と実感するでしょう。自分の働きぶりを見て評価してくれる人がいれば自信になり、その人からの依頼なら快く引き受ける気持ちになるもの。あなたにも積極的に協力してくれるようになるかもしれません。

・質問スタイルでほめる

「どうしたらあなたみたいに◯◯がうまくできるようになるの?」

「質問」というスタイルをとりながら、相手の優れた点を評価していることを伝える方法です。人は質問されると答えたくなる習性があります。ストレートにほめると「イヤイヤ」と謙遜されてしまい、会話が深まらない可能性がありますが、この方法であれば対話が活発化します。そして相手から情報を引き出すことができ、勉強させてもらうこともできるのです。

・第三者へ紹介しながらほめる

「彼は私がこれまで出会った誰よりも丁寧に仕事をする人間なので、安心して任せられるんです」

「彼女はピンチをチャンスに変える行動力があるので、どんな困難にあってもめげないんです」

これは「ティーアップ」と呼ばれるもの。ゴルフボールをティーに乗せるように、相手を少し持ち上げて紹介するという方法です。持ち上げられたAさんがあなたに好感を持つのはもちろん、紹介を受けたBさんがAさんに丁重に接してくれる効果が期待できます。取引先との商談や打合せに他のメンバーを同席させるシーンなどで活用してみてください。

・他人を経由して褒められるともっとうれしい

褒め言葉は、他人を経由してくると、より効果的です。面と向かって褒める代わりに、本人がいない場所で間接的に、

「私、○○さんって、物事に反応するスピードが速いなあといつも感心しているんです」

と言っておけば、必ず本人の耳に入ります。これなら、褒める方も照れくさくないでしょう? 褒められる方も、少し苦手だなと思っていた人が密かに自分を評価していると知ると、うれしさも倍増します。

・ただの言葉をほめ言葉に変える

同じことを言っていても、言い回しによって受け取り方は全く違ってきます。

例えばネクタイについてコメントするとき、「ユニークなネクタイ」と言えばほめ言葉になりますが、「変なネクタイ」だと、ケチをつけているように受け取られるのです。

ところが困ったことに、本当に「変なネクタイ」をしているなと思っていると、その言葉がつい、口からこぼれてしまうんですよね。

要らぬ一言、というやつです。

そして、相手を不愉快にさせてしまう・・・。

これは、ただ「話をしているときに、どんな形容詞を使うか」ということに尽きるのです。

まずは人が気持ち良くなるボキャブラリーを増やすこと、次いでそれらをとっさに使えるよう練習しておくこと、まさに日頃の練習が大切だと考えます。

これが出来るようになると、普通にしゃべっているだけなのに、相手は常に気持ち良く感じる、そんな人になれるのです。

・成長を褒める

仕事を通して生まれたその人の成長を褒めることも大事だ。その人自身の成長を褒めることで、誰かと比較してやる気を失うことなく、努力を続けることが出来るだろう。また、成長しているか否かは自分ではわからないもの。成長していることを客観的に褒められることは、その人の自信に繋がるはずだ。

1 2

関連まとめ