1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

離婚したいけどできない…と思う女性たちの「本音」が深刻だった

離婚したいけどできない…という女性たちの深刻な理由についてご紹介します。

更新日: 2018年12月04日

26 お気に入り 71940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■離婚

離婚(りこん)とは、婚姻関係にある生存中の当事者同士が、有効に成立した婚姻を婚姻後に生じた事情を理由として将来に向かって解消すること

現在,日本で1年間に離婚する夫婦は約25万組だと言われています。これまで離婚に消極的だといわれていた50代以上の,第2の人生を送るための熟年離婚も増えています。

離婚の種類には、夫婦が合意して離婚する協議離婚のほか、調停による離婚、審判離婚、裁判離婚がある。裁判離婚は民法が定める離婚原因がなければすることができない

■大きな決断を必要とする

結婚が人生の大きな節目であるのと同じように、離婚もまた、大きな節目です。

離婚は人生の重大事ですから、一時的な感情によって離婚をしてしまうと後悔することにもつながります。

離婚に直面したら、とことん悩んでとことん苦しんで、とことん話し合い、しっかり納得しましょう。

■そんな大事な局面の離婚。当然、「したいけど出来ない…」という女性も少なくないという

「離婚したい、けどできない……」そんな風に悩む女性は、珍しくありません。

女性たちに話を聞くと、「離婚できる人はまだいい。一番つらいのは、離婚したいけれどできないことだ」という声が上がる

今の夫とどうしても離婚したいのだけど……そんな現実をしっかり受け止めようとする女性たちがいます。が、しかし、離婚したくてもできない理由が

■いったいどんな理由が彼女たちを思いとどまらせるのか?

離婚というのは、結婚の3倍の労力がかかるといわれています。理由は様々ある

離婚を踏みとどまっている代表的な理由は、「経済的な問題」「精神的な問題」「住まいの問題」「子供や親の問題」「将来の問題」の5つ。

離婚できない方は、大きく分けて「自分が悪いことをしてしまった場合」「配偶者の収入に依存している場合」「子どもが幼い場合」「配偶者が離婚に同意しない場合」

■中でも一番のネックとなるのが「経済的」な問題

離婚しないのは、もちろんお金の問題。結婚と同時に退職したナミコさんには、離婚しても生活する経済力がない。

なんだかんだ言っても、お金があれば解決出来るのだ。なんだかんだと揉めても、お金があるから離婚出来る

近年、夫婦共働き家庭が増えてきているとはいえ、まだまだ男性が外で働き収入を得て、女性が主婦として家事全般を行なうという夫婦の形が一般的

■共働きが多くなったとはいえ、収入に自信が持てない女性は多い

近所で短期間のパートのようなものはやっていましたが、基本的には専業主婦生活を送っていました。そんなB子さんの悩みがモラハラ

悩んでいる女性の多くがパートなどで収入を得ているケースです。

子どもには望むだけの学校へ行かせてやりたいし、離婚を申し出たら夫が子どもの学費を出すとは思えない

1 2