「激安の殿堂」と称していたが、現在はさらに進化し「驚安の殿堂」をキャッチコピーとして掲げている。

出典ドンキの「549円ボジョレー」が実現したワケ | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前へ 次へ