1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

iOS12から搭載された通知機能

iOS 12で新しい通知設定が選べるようになりました。それが「目立つ形で配信」「目立たない形で配信」。

ラインの通知目立たない形で配信にした ストレスフリー

この機能を使えば、重要な通知とそうでない通知の表示方法を瞬時に仕分けることができます。

どんな表示になるかというと

サウンドが鳴ることも画面が点灯することもなく、通知センター(ロック画面)にひっそり表示される仕組み。

またiPhone操作中に通知が来てもバナーが表示されないので、ゲーム実況動画など画面収録をする人にも向いていますね。

運転中に通知サウンドが再生されると、iPhoneの画面が気になり注意散漫で最悪の場合事故につながりかねません。

会議などが終了したタイミングで、「通知センター」を開くことでアプリからの「通知」を確認できます。

また、夜ウトウトしてるとき

iOS 12でおやすみモードに追加された「ベッドタイム」を使うと、この問題をうまく解決できます。

「ベットタイム」を設定すると、翌朝になるまでディスプレイ照明が暗くなり、ロック画面の通知が非表示になります。

画面に通知が表示されることもありませんから、うっかりiPhoneを手にしてロック画面を見てしまったときでも問題ありません。

ベッドタイムという便利機能があったのねこれからは活用していこう

また一時的にこの機能を使う手も

おやすみモードの時間帯を指定しておけば、その間は、着信も無くなりますし、通知も無くなります。

例外指定していない限りはサウンドが鳴ったり画面が光ったりしなくなります。

野球中継を視聴しているときは、ネット中継よりもアプリの得点速報の方が早いことがあるので、おやすみモードをオンに

iPhoneやiPadの画面をプロジェクターなどに投影するときは、おやすみモードにしておくと、通知を人に見せることを避けられる。

会議中に、おやすみモード万能だけど、目覚ましは注意ね じゃないとおやすみモードじゃないから

1