1. まとめトップ

風邪の予防に美容法!ダイエット効果も!?驚くべき万能「はちみつ」の効果

はちみつで風邪予防、はちみつによる美容効果、はちみつを使ったダイエット効果までまとめています♪美味しくきれいになりましょう!

更新日: 2018年12月19日

7 お気に入り 8171 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

はちみつには様々な効果があります。風邪を予防したり、お肌にいいなど幅広い効果が期待されます。その中でも風邪の予防、美容、ダイエットに絞り、数点紹介します!

Key91124さん

はちみつとは

蜂蜜(はちみつ)とはミツバチが花の蜜(花蜜)を採集し、巣の中で加工、貯蔵したものをいい、自然界で最も甘い蜜といわれます。

はちみつには約300種類ともいわれる「ビタミン・ミネラル」などの栄養成分が豊富に含まれています。
ミツバチが採取する花や花の蜜にはたんぱく質やビタミン、カルシウムなど多くの身体に必要なミネラルが含まれています。

胃腸への負担が軽く、ビタミンやカルシウムの浪費もないため、身体へ素早く吸収されます。

健康・風邪への効果

代表的薬効は「抗菌力」です。

はちみつは糖度が80%と非常に高く、水分が少ないために細菌や微生物が繁殖しにくく、常温保存をしても腐らないので、安心して口にすることができました。

はちみつを傷口に塗ると、空気中や体液を吸収することで過酸化水素を発生させ、それが非常に強い殺菌作用を発揮します。

この抗菌力で、口内炎やのどの痛み、皮膚の炎症や火傷にも効果的で、傷跡も残りにくくなります。

はちみつの主成分は、果糖とブドウ糖。その他、ビタミンB群など10種類のビタミン類、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、10種類以上の有機酸、ポリフェノールなど、栄養成分の数はなんと150種類以上!栄養成分がバランスよく含まれている総合栄養食品なのです。まさに、食べるサプリメントと言っても過言ではありません。

腸内環境を整えるには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが需要です。蜂蜜は整腸効果とともに善玉菌を増やすことにも役立つことがわかっています。便秘や下痢など、様々な腸の不調にも蜂蜜が役立ちます。

はちみつの美容効果

保湿作用

シワやたるみ、くすみなどの肌の老化をもたらす最大の原因は乾燥です。
はちみつに含まれる「果糖・ぶどう糖」は、吸水性や浸透性が抜群です。
化粧品として肌に塗ると潤いをキャッチし、肌の奥まで浸透します。

年齢を重ねることでコラーゲンやヒアルロン酸が減り、肌の新陳代謝が乱れ、ハリや弾力が失われます。
はちみつに含まれるグリシンやプロリンなどの「アミノ酸」がコラーゲンの生成を促し、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルが新陳代謝を促進します。

ダイエット効果

はちみつは砂糖よりも甘いのに、低カロリー。甘味料として使うなら断然はちみつがおすすめです。

100g当たりのカロリーは、
白砂糖 384kcal
はちみつ 294kcal
です。

また、はちみつの方が白砂糖よりも血糖値を上げにくいので、インスリンというホルモンの分泌を抑えられます。

血糖値の急上昇を抑えることが太りにくい身体を作ることにつながります。
砂糖よりも低カロリーで血糖値を上げにくいはちみつは、ダイエットに向いている甘味料だと言えます。

風邪をひいた時に使える蜂蜜の食べ方

蜂蜜には、風邪の症状を緩和する効能もありますが、これをさらに効果的に使う方法をご紹介いたします。
蜂蜜の中に小さく切った大根を漬け、大根の水分が蜂蜜に溶けたらそのシロップを飲んでください。
大根のビタミンCで免疫力を上げ、同時に蜂蜜の抗炎・殺菌効果でのどの痛みを和らげます。
蜂蜜だけを飲むと喉が以外がして余計に苦しくなることも考えられますので、もし蜂蜜しかない場合は水やお湯、牛乳で溶いて飲んでください。

蜂蜜の美容効果を実感できる使い方

<ソープに混ぜて使う>

泡立てたソープにティースプーン1杯の蜂蜜を混ぜて使うだけで、肌の保湿を高めます。ボディソープでも洗顔フォームでも固形石鹸でも、泡立てたものに加えるだけで簡単に使うことができます。

<ピーリング剤として使う>

洗顔後のお肌に、ティースプーン1~2杯の蜂蜜をなじませ、ピーリング剤として使います。肌の古い角質を除去するとともに肌の保湿力をアップさせてツルツルの肌に仕上げます。1分ほどやさしくマッサージしたらぬるま湯で洗い流してください。週に1度ほどのお手入れに使いましょう。

<パックとして使う>

蜂蜜には肌を柔らかくする効果も期待できるため、パックとして使う方法もおすすめです。唇に薄く蜂蜜を塗り、乾かないようにラップで覆って5分放置します。5分経ったらぬるま湯で軽く流しましょう。ふっくらと柔らかい唇になります。

スキンケアに使うはちみつの条件

養価が高く、しっかりと高品質で管理されている非加熱はちみつの中から選ぶことです。
はちみつに含まれている栄養素は熱に弱い物が多く、加熱してしまうと栄養のほとんどが失われてしまいます。
非加熱のはちみつは栄養価が高く、基礎化粧品に入れるとハチミツの栄養素がプラスされるので美肌効果も高くなります。

はちみつは時間がたつとブドウ糖が結晶化して白く固まってしまいます。
固まってしまうと基礎化粧品と混ぜ合わせることができないので、なめらかな状態のはちみつを使いましょう。
はちみつは湯煎すると、なめらかな状態に戻すことができますが、栄養素が失われてしまうのでスキンケアには向きません。
固まったはちみつは料理に使うと無駄なく利用できます。

はちみつをすくうスプーンは金属ではなく、木又はプラスチック製の物を選びましょう。
はちみつの中には金属スプーンを使うと、成分が変化してしまい本来の栄養素が失われてしまう物があります。

香りの付いているはちみつもあるのでスキンケアに使用する場合には、好みの香りのするはちみつを見つけて香りを楽しみながらケアするのもオススメです。

寝る前に蜂蜜を1杯飲むだけで出来るダイエット

1 2