1. まとめトップ

片道2,500円でどこまで行ける? -福岡編-

皆さんは考えたことありますか?「片道何円でどこまで行けるか?」を今回は日本屈指のバス王国・福岡編です。ちなみに、2,500円は福岡県の最低賃金814円(2018年度)を3倍掛けた額。すなわち、3時間分働いた最低限度の額に近い値です。(※実際は2,442円)

更新日: 2018年12月04日

1 お気に入り 3859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Kindeck2000さん

JRだと?

JR九州の普通乗車券は
幹線のみの場合は「営業キロ121km~140kmで2,480円」
地方交通線のみの場合は「擬制キロ(営業キロとは異なります)121kmで2,320円」

JR6社の中ではJR北海道に次いで運賃が高いですが、おおむね120kmと見ていいと思います。

それで、どこまで行けるの?

小倉(福岡県)

北九州市小倉北区にある同市の代表駅で、新幹線・在来線を含めてすべての旅客列車が停車する。
また、北九州モノレールにも接続している。

JR在来線:1,290円(博多-小倉間 67.2km)
JR在来線[特急自由席]:1,800円(同上)
JR新幹線[新幹線自由席]:2,110円(博多-小倉間 67.2km)

久留米(福岡県)

※画像は久留米城跡の桜です。
筑後地方の最大都市・久留米市の代表駅で、在来線は企画列車を除く全列車・新幹線はほとんどの列車が停車する。

JR在来線:740円(博多-久留米間 35.7km)
JR新幹線:1,590円[新幹線自由席](博多-久留米間 35.7km)

大牟田(福岡県)

※画像は三池炭鉱跡地です。
大牟田市の代表駅で、運行系統上も隣駅の荒尾と共に、福岡-熊本間の中間的役割を果たす。
西鉄との乗換駅でもある。

JR在来線:1,290円(博多-大牟田間 69.3km)
【参考】
西鉄:1,020円(西鉄福岡[天神]-大牟田間 74.8km) ※特急料金はありません

行橋(福岡県)

JR在来線:1,820円(博多-行橋間 90.6km)

※特急列車の場合は2,500円を上回ります。

佐賀

佐賀市の代表駅で、旅客列車は全列車が停車する。博多方面の特急列車利用客が非常に多い。
かつては高速バスとの競争からか、普通乗車券よりも特急券+普通券を合わせた企画乗車券の方が安くなるねじれ現象が発生していた。

JR在来線:1,110円(博多-佐賀間 53.6km)
JR在来線[特急自由席]:1,930円(同上)

唐津(佐賀県)

※画像は唐津くんちの様子です。
唐津市の代表駅で、福岡市営地下鉄を通じて博多・天神方面にも多くの直通列車が乗り入れしている。

地下鉄+JR在来線:1,140円(博多-唐津間 52.4km)
※特急列車は運行されておりません。

伊万里(佐賀県)

※画像は伊万里市内の大河内山です。
伊万里駅の代表駅で、民営化後、松浦鉄道に移管された路線と分断された。

地下鉄+JR在来線:1,770円(博多-唐津-伊万里間)
松浦+JR在来線:2,280円(博多-有田-伊万里間)

※特急列車の場合は2,500円を上回ります。

佐世保(長崎県)

※画像は佐世保市と平戸市にまたがる九十九島(群島)です。
佐世保市の代表駅で、旅客列車は全列車が停車する。松浦鉄道とも接続している。2018年3月のダイヤ改正で早岐方面の普通列車の本数が基本的に、1時間1本程度に削減された。

JR在来線:2,130円(博多-佐世保間)

※特急列車の場合は2,500円を上回ります。

諫早(長崎県)

1 2 3 4