1. まとめトップ

さよならカサカサ肌! ぷるりん潤い肌を作るためのステップ

乾燥肌の方、冬の乾燥でお肌の調子がイマイチな方、必見のまとめ記事です。ぷるりんとした潤い肌の作り方をご紹介していますので、ぜひ参考に♪

更新日: 2018年12月04日

3 お気に入り 2239 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ostaxeusさん

毎日スキンケアしているのに、カサカサになる...

「毎日きちんとスキンケアして保湿しているのに、乾燥が気になる」という方もいるのではないでしょうか?
それは、肌のバリア機能が低下しているからかもしれません!

乾燥した肌は、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすい状態にあります。そのため、皮膚の表面から内部に侵入した異物が、皮膚の奥まで侵入しやすくなります。

皮膚は、ターンオーバーを早めることで細胞分裂を促し、異物を押し出そうとしますが、このとき、細胞の準備が充分に整わないままターンオーバーのサイクルだけが加速してしまいます。すると、皮膚の表面には大きさや形が揃っていない細胞が並んでしまい、キメが荒くガサガサと乾燥した肌が次から次へと生成されるため、なかなか肌の状態が改善されないと考えられます。

どんなスキンケアがいいの?

保湿力のあるスキンケアコスメで、きちんと潤いを補給してあげましょう。また、シートパックなどを使ったケアを加えてみるのもオススメです。

一通りのスキンケア+オイルのあとにシートマスクで保湿すると、冬の乾燥に負けないしっとりとした肌になりますよ。

スキンケアによる外側からのケアだけでなく、食べ物による内側からのケアも忘れてはいけません。乾燥を予防するのでしたら、ビタミンAやビタミンBなどを多く含む食材を意識して食べるようにしましょう。

レバーやうなぎに含まれる『ビタミンA(カロテン)』は、角質層の保湿を維持する働きがあります。

新陳代謝を高め、皮膚の炎症を抑える働きがあるのが『ビタミンB』を含んだ玄米や豚肉。

健康的なお肌はターンオーバーがしっかりしています。肌のターンオーバーを高めるには、新陳代謝を高めることが大切です。

新陳代謝を高めるためには?
血行を促進させる『運動』や『入浴』が効果的!

おわりに

以上が、ぷるりん潤い肌を作り方についてでした。実践しやすいように、3つのステップでご紹介しました。乾燥肌が気になる方は参考にしてください。

1