1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

巻き返しすげえ…不評だった秋ドラマが次々と面白くなっている!

ご存知ですか?放送開始当初は評判が微妙だったドラマたちが後半戦で盛り上がりまくっています。「中学聖日記」,「獣になれない私たち」,「今日から俺は!!」,そして「SUITS」も!!視聴中断はもったいない…気になる情報をまとめてみました。

更新日: 2018年12月05日

14 お気に入り 111406 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

初回で切った人は損してるレベル…あのドラマが話題です。

critical_phyさん

当初は批判が集まったけど…「中学聖日記」が話題に!

女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)が佳境を迎え、がぜん注目を集めている。婚約者のいる中学校教師と教え子の禁断の恋を描くとあって、当初は批判の声も目立った。

初回から6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という低空飛行ぶりで、その後も視聴率は横ばい。打ち切りラインには至らないものの、今期連ドラでは最も期待はずれの作品。

こんな声もありましたが…。

主人公の教師・末永聖(有村)が元教え子の高校生・黒岩晶(岡田健史)と2人で過ごした夜のシーンが「今日のはマジで永久保存版!」「ここ数年で最高のキスシーン」「聖ちゃんひたすらかわいい」「黒岩ーーー耳真っ赤じゃーーん!」と大反響。

開始当初からの不評をものともせず、近年のゴールデンドラマとしては稀の1話を57分11話で枠を掴み取った中学聖日記制作側の賭けがやっと実ってきた勢いになってきた。 ここまで人の気持ちをかっさらって行くなんてすごいよ、晶と聖は #中学聖日記 pic.twitter.com/KzfOZl19lu

盛り上がってきたぞ…「獣になれない私たち」に注目が集まっている!

新垣結衣、松田龍平、田中圭、黒木華といった「豪華な顔ぶれのムダ使い」と批判する声が起きているドラマ「獣になれない私たち」。

あの『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の再来を期待する声もあったが――フタを開けたら、晶(新垣結衣)の両親との確執や、得意先への土下座といった予想外のシリアス展開に戸惑う人々が続出。

『逃げ恥』のような優しい世界を求める視聴者にとって、『けもなれ』のハードな世界観は受け入れがたいものかもしれない。

序盤こそ低調なスタートだったが、後半へ突入する折返し地点を過ぎたところで視聴率を二桁へと回復。話題性も十分あり、後半戦でのさらなる伸びも期待される。

本作は、世間が求めている可愛いガッキー像を、演出部分含めうまく裏切っています。恋愛のみならず労働問題にまで踏み込み、30代女性の生々しい現実を丁寧に描いている。

口当たりの良さだけでなく、生きていく上での道標のようなものを求めている人にとっては、これ以上にない手応えを本作は与えてくれる。一見、おしゃれな人たちばかりが登場するスマートな作品に見えるが、不器用に生きる人々が描かれた愛おしいドラマである。

けもなれ前半は本当にキツくてふるい落とされそうになるんだけど、折り返し辺りから積み上げがすごく活きてくるんだよね。当初は登場人物が皆クズって意見もあったけど回を重ねるごとにそれぞれで一生懸命な部分とか抱えてるやりきれなさとかが見えてくるから。

実写化のハードルを軽々乗り越えた…「今日から俺は!!」がすごい!

放送開始前は「なぜ今?」「昭和のヤンキーものって(笑)」と期待値がやや低めだったこの作品。多くの人が大爆死を予想していた。

メイクや衣装で原作のキャラクターに寄せることはできると思うのですが、公開された写真を見ると原作に忠実にするつもりがないのではないかと疑いたくなってしまうほど。

登場人物たちは短すぎる学ランやスケバン女子高生の長すぎるスカートなど、過去の“異物”のような服装。オープニングテーマも嶋大輔さんのヒット曲『男の勲章』。正直、大コケする可能性もありかと思われました。

WEBサイト『ザテレビジョン』の『視聴熱デイリーランキング』では、今クールの人気ドラマ『下町ロケット2』(TBS系)を抜いて1位に躍り出ました。SNSの口コミで、人気に火が付いたようです。

クチコミを見ても小学生から中高年まで幅広い層の人々が、「単純に面白い」「何も考えずに笑える」などの絶賛ばかり。

ハチャメチャアクションで、子供達にも大人気。また、主題歌の「男の勲章」に合わせて踊る「今日俺ダンス」もジワジワと人気を呼んでいる。

今日から俺は!!のドラマ版、小学生とかローティーンのあいだで大人気らしい。そういう風に継承がすすむのか。

原作ファンも大満足…「SUITS」が前評判を覆した!

原作は、初回視聴者数が460万人超を記録した全米大ヒットドラマ。当初、本家ファンからは不安の声も聞かれた。

アメリカ版ファンを中心にSNSで話題になっているのがキャスティング。「日本人版キャストも素敵だけれど、アメリカ版と少しイメージが違う……」と嘆くファンがちらほら見られました。

1 2