1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヤフー検索にTwitter社も…2018年ってこんな年だったんだ

2018年の流行がわかる「 #Yahoo!検索大賞2018 」の発表やTwitter社による振り返りがあり、今年の代表的な出来事が改めて注目を集めました。

更新日: 2018年12月05日

13 お気に入り 27761 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

もうすぐ年の瀬…一年の振り返りが行われました。

nyokikeさん

▼「Yahoo!検索大賞2018」が発表! 今年みんなが気になったものは?

それではいよいよ大賞の発表です。 Yahoo!検索大賞2018、大賞に輝いたのは…「King & Prince」さんです。おめでとうございます! King & Princeさんは「アイドル部門賞」も受賞しており、見事ダブル受賞となりました! #KingPrince #キンプリ #ヤフー検索大賞 pic.twitter.com/s3r2FtFPdl

アイドルグループ・King & Princeが、検索数が急上昇した人物や作品を表彰する「Yahoo!検索大賞2018」の大賞に輝いた。5日、都内で行われた「Yahoo!検索大賞2018」発表会にて発表された。

「Yahoo!検索大賞」は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年と比べその年に検索数が最も急上昇した人物、作品、製品を選出し、表彰するイベントです。選出基準となる「検索」は、興味・関心を持つ対象について調べる能動的な行為で、日本人の意思が反映されたデータといえます。

集計期間は2018年1月1日から11月1日まで。

5回目となる今回、今年5月23日にシングル「シンデレラガール」でデビューし、1年目で紅白歌合戦の切符をつかむなど大活躍のKing & Princeが、“今年の顔”である大賞に選出された。King & Princeはアイドル部門賞も受賞し、ダブル受賞となった。

Yahoo!検索大賞2018 俳優部門 いただきました!ありがとうございます。 ずっしりと、トロフィーの重みをしっかりと感じながら、日々邁進してまいりたいと思います。 pic.twitter.com/TegwuBvLNJ

ドラマ「ホリデイラブ」「崖っぷちホテル!」など、多くのドラマや映画、CMに出演。どんな役でも演じ切る“カメレオン俳優”として注目されています。朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で演じた“マアくん”は多くのファンを生み出しました。

【速報!】 Yahoo!検索大賞2018 飲料部門賞を 綾鷹が受賞しました㊗ これも多くの皆様にご支持いただいたおかげです。 ありがとうございました! #お茶にしましょう #綾鷹 pic.twitter.com/Ig6P9KH0W7

急須でいれたような緑茶の味わいを目指すブランドで、9月にトクホ(特定保健用食品)の「綾鷹 特選茶」が登場したことで話題に。CMやディズニーのラッキーボトルキャンペーンについても調べられました。

19世紀のアメリカに実在した興行師P.T.バーナムの半生を描いたミュージカル映画。口コミなどで評判が広がり、劇中歌に関する検索数が上昇。一部の劇場では応援上映も実施されるほどの盛り上がりをみせました。

▼Twitter公式が2018年の話題を振り返った

「ThisHappened」のもとに、2018年にTwitter上で起きた出来事を振り返っています。その中で、「世界全体で最もツイートが盛り上がった日は2月25日の平昌オリンピック閉会式」や、「最も使われたハッシュタグ」などのデータが公開されました。

国内で最も多くコメント付きでリツイートされたツイートもモーメントにまとめられ、渋谷ハロウィーンのゴミ問題や、世界オセロ選手権にまつわるエピソード、ボン・ジョヴィで盆踊りなどがとりあげられています。なかには女優の木南晴夏さんの結婚報告なんてめでたい話題も。

2018年、国内のツイートでもっとも多く使われた「ブランド」関連のハッシュタグとアカウントはこちらでした。 pic.twitter.com/3xRHTukyUG

2018年、国内のツイートでもっとも多く使われた「ゲーム」および「スポーツ」関連のハッシュタグとアカウントはこちらでした。 pic.twitter.com/SdAq61xYuW

2018年、国内のツイートでもっとも多く使われた「ミュージック」および「テレビ」関連のハッシュタグとアカウントはこちらでした。 pic.twitter.com/dPBL1z5PNo

「テレビ」ジャンルでは、ドラマ『おっさんずラブ』がアカウント&ハッシュタグで1位に。ハッシュタグでは『おそ松さん』もランクインしています。

「ミュージックカテゴリー」のアカウントでは、俳優の草なぎ剛が1位を獲得。ハッシュタグでは2位が「#香取慎吾」、4位が「#smap」、5位が「#稲垣吾郎」と新しい地図の強さが際立った。

最初に見つけた3つの言葉が、「2018年に必要なもの」です。なんだった? pic.twitter.com/HaOk6WBB3U

国内では、ニュースサイトBuzzFeed Japanの投稿が、2,000件近いコメントと約5万件のリツイートがされました。

▼先日「2018ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、「そだねー」が大賞を獲得している

【超速報】2018ユーキャン新語・流行語大賞、年間大賞は「そだねー」 トップテンは「eスポーツ」「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ 」「ボーっと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」などが選出された。 pic.twitter.com/T26PQIR0Yt

2018年の「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」が12月3日に発表された。年間大賞は日本の女子カーリングチームが2018平昌冬季オリンピックの試合中に発していた「そだねー」に決定した。

2018年にSNSで長くトレンド入りし、注目を集めた言葉ばかりが選出されている。「eスポーツ」は数年前から存在していた言葉だが、2018年は初めてプロライセンス制度ができたり、夏にアジア競技大会の公開競技で日本人選手が金メダルを獲得したりするなど、認知度が飛躍的に高まった年となった。

▼「ネット流行語大賞 2018」グランプリは「バーチャルYouTuber/VTuber」

【速報】「ネット流行語大賞 2018」結果発表! グランプリは「バーチャルYouTuber/VTuber」、次点に「平成最後の○○」「大迫半端ないって」 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlab pic.twitter.com/YkwBuTpW4r

結果、グランプリとなる金賞に輝いたのは、「バーチャルYouTuber/VTuber」。次いで銀賞に「平成最後の○○」、銅賞に「大迫半端ないって」という結果となりました。

1 2