1. まとめトップ

謎の休演?‥‥とろサーモン久保田 上沼恵美子への暴言をきっかけに

「かまいたちを同罪するのは可哀想ではないか?」と同情する声もあるという。

更新日: 2018年12月14日

1 お気に入り 7133 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

とろサーモン久保田をはじめとする芸人数名が泥酔し、特定の審査員に対しての批判をインターネット上で展開したとして、問題となっている。

Doragonflyさん

12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の審査員の判定を巡り、とろサーモン久保田をはじめとする芸人数名が泥酔し、特定の審査員に対しての批判をインターネット上で展開したとして、問題となっている。

【悲報】一流紙「とろサーモン久保田、吉本による活動休止処分が濃厚。」 voty-app.com/posts/675266

とろサーモン久保田とスーマラ武智のやつ 女性軽視に論点変わってるって言うけど、 ばばあやらなんやら言ってたのだって そもそもふたりだからな〜、 変わるのも仕方なくないか。 笑いを届ける職業してる人が ああいうのSNSにあげること自体が そもそもの間違いだろ〜。

武智は舞台では良い子ちゃんしてたのに裏では…あくどい とろサーモン久保田とスーマラ武智のツイッターが炎上…「もう笑えない」/芸能/デイリースポーツ online daily.co.jp/gossip/2018/12… # @Daily_Onlineより

とろサーモンの優勝を剥奪してM-1グランプリの歴史から名前を消すというぐらい思い切った処罰をしないとダメなんだよ。それが、とろサーモンを守る事にもなる。水戸黄門と同じで、悪者は罰を受けることが大事。「あ!M1優勝を剥奪された久保田だ!」と指を差されることで、笑えるようになる。

M-1から数時間後のスーパーマラドーナの武智が打ち上げの席でインスタライブを開始。

その場には昨年優勝したとろサーモン久保田、ギャロップ林、和牛水田、かまいたち濱家などが同席しており、とろサーモン久保田は「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください!」と怒り、さらに審査員の名前は出さなかったものの、スーパーマラドーナの武智は「あのオバハン」とヤジを飛ばしており、相当に荒れていたことが予想される。

この動画の配信後、上沼恵美子は自身のラジオ番組で審査員からの引退を宣言。その原因は久保田たちの発言が原因だったのではないかとされている。

現在、問題の動画は削除済みで、久保田も武智も自身のTwitterで謝罪を発表しているが、本事件は彼らの「ごめんなさい」だけでは済まされない様相となっている。

12月17日になんばグランド花月で行われる「本公演」に出場予定だった、とろサーモン、かまいたちの2組が突如、休演と発表されたのだ。

ライブでの休演そのものは珍しいことではないものの、今回のとろサーモンに関しては今回の泥酔騒動が原因ではないか? と噂されており、さらにかまいたちもこの打ち上げに同席していた事から、同罪として判断され出演を見合わせられたのではないか、と噂されている。

なお、かまいたち濱家に関しては、動画を確認する限り「同席していただけ」とした方が正しく、

さらに酔いが回っていたのか、机に突っ伏して寝ていたため、「かまいたちを同罪するのは可哀想ではないか?」と同情する声もあるという。

年末の本公演という大舞台が謎の休演となり、本業にも影響が出てきてしまった久保田たち…・・・。

「とろサーモン」の久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」の武智が自身のツイッターを更新し、2日に放送された『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子に謝罪した。

事の発端となったのは、今回7位で敗退した「スーパーマラドーナ」武智が『M-1グランプリ』放送後に配信したインスタライブ。動画に映った2017年チャンピオン・久保田は泥酔した様子で、「酔ってるからっていうのを理由に言いますけど、そろそろもうやめてください」と発言。

さらに、「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください。

1点で人の一生変わるんで。理解してください」と批判。

具体的な審査員の名前は口にしなかったものの、久保田らは「オバハン」と連呼。

「たぶん、お笑いマニアの人は分かってますわ。お前だよ、一番、お前だよ。分かんだろ、右側の!」と、久保田はカメラに向かって威嚇していた。

今回、一番右の審査席に座っていたのは上沼。また、審査員の中で女性は上沼しかいなかったことから、「オバハン」は上沼のことだと推測される。

その後、久保田は「申し訳ないけど、審査するってことは、演者と一緒で同じ熱量で点数が同じだって思いたいやん」「これが格差が生まれたら違うやん。それを、『私が好きー』とか、言い出したら!」と言い放つと、足でテーブルを蹴った。

画面の外からは笑い声が漏れ、「右のオバハンやん! 右のオバハンにはみんなウンザリですよ」「そんで『嫌いです』って言われたら、更年期障害かと思いますよね」という声が聞こえた。

久保田はそれに同調。「そやろ。『私は年だから分からへんねん』とか知らんねん!」と叫んでいた。

一方の上沼は3日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)内で、

「私みたいなこんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ」と言い、「だからもう、私は引退します」と審査員引退を宣言し、騒動になっていた。

これを受けて久保田は4日、自身のツイッターを更新。

「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。

今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」と謝罪文をツイート。

武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

動画は、すでに削除されているが、SNS上で久保田の発言は物議を醸し出している。

ネットでは批判の声が集中し、「非難されるのはSNSで拡散したこと」「酒に酔った勢いでは済まない。大人のすることじゃない」「上沼さんは女性審査員としてワザと女性らしい発言を意識してされてるように思います。

前にあんなプレッシャーのかかる仕事やりたくないけど、(島田)紳助さんと松本(人志)さんにどうしてもって頼まれたって言ってました。

「もう番組無くなるんじゃないですか?」「M-1を台無しにした」など、非難の声が上がっている

6日放送の『NEWS RAP JAPAN』(AbemaTV)にとろサーモン・久保田かずのぶが出演。意味深長なラップを披露して、話題になっている。

番組では、「個人的『流行語大賞』はコレだ!」をテーマに即興のラップを披露していくことに。

他のラッパーたちが「そだねー」「ご飯論法」を揶揄する中、久保田は「敗戦後の日本国民は権力や財力などにひれ伏した…」と次の内容を歌い始める。

強烈なディス。

「檻の中の羊のようになるよう飼い慣らされた、強い者に立ち向かうヒーロー、悪い者を打ちのめすヒーローは二次元では人気を集めるが、会社や社会の中では年長者権力者に意見すると正しいことでも罪人、悪人のように大衆につるし上げられ羊として生きることが正しいと洗脳された家畜たちに批判される運命にありますか」

しらべぇ既報のとおり、上沼恵美子に対する暴言を吐いて世間から大バッシングされていた久保田。

ツイッターで謝罪していたが、もしかすると自身を「ヒーロー」だと思っているのだろうか。

突如歌われた内容に、出演者たちも笑みを浮かべる中、「MCサーモン」こと久保田のラップは止まらない。

「自己中心的で、身勝手な思考に見るものの反感をもち、不快感を覚えていたくせに、誰かが権力に歯向かうと何事だと声を挙げると、一斉にそれに賛同、自分たちとは違う勇気ある者を潰しに来るのは彼らが皆、権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか」

権力に逆らう勇気ある人を批判する大衆に向けても強烈なディスを向けた。

相手にディスを向ける、まさにフリースタイルといった内容に、ネット上では「最高の芸人」と称賛の声があがる。

「MCサーモンは最高にdopeだ! とろサーモン久保田は最高の芸人だ!」
「炎上を恐れない姿勢なのかなんなのかわからないけど、なんかhiphopを感じるなぁ 暴力じゃなく己のリリックでバトルするのがhiphopってことなのかな?」
「MCサーモンの最後のラップに胸があつくなった。頑張れ!とろサーモン久保田」

一方で騒動をさらに煽るような内容に批判の声も。

「先輩方々が謝罪してるのに。もうこれは詰んだかも。ガックリ」
「いきがって干されて終わるでしょ。相方が可哀想」
「とろサーモン騒動後。反省の色無し。勘違いしすぎ」

ヒップホップを体現したような意味深長なラップだが、はたして久保田の叫びは大衆に届くのだろうか。

お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)とお笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が2日にテレビ朝日系で放送された「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた上沼恵美子(63)をインスタライブで批判した問題について、

、同じく審査員を務めた「ダウンタウン」の松本人志(55)のツイッターにフォロワーから今回の問題に対する松本の見解を求めるコメントが寄せられている。

1 2 3