1. まとめトップ

ファーウェイCFOカナダで逮捕!尖鋭化する米中IT対立の行方は?

ひとまず回避されたかに見えた米中貿易危機ですが、戦略的に譲れない「通信インフラ」に関しての対中攻勢は尖鋭化し、ファーウェイのCFO逮捕という搦め手からの攻撃が繰り出されました。中国政府の対応が注目されます。

更新日: 2018年12月06日

1 お気に入り 784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jinstさん

■カナダで逮捕のファーウェイCFO、米国が身柄を要求か?

中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が、カナダで逮捕された。カナダ司法省が明らかにした。

カナダ司法省は5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕したと明らかにした。米国に身柄が引き渡される可能性がある。(ロイター)

加司法省報道官のイアン・マクラウド氏は声明で、孟晩舟容疑者を今月1日にバンクーバーで逮捕したとし、米国から身柄の引き渡しを求められていると明らかにした。

■中国当局は反発!

華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことについて、在カナダ中国大使館は、逮捕に断固として反対すると表明し、カナダと米国に厳正な抗議を行ったと明らかにした。

ファーウェイ広報は、「当社は本件に関してほとんど情報提供を受けておらず、孟氏による不法行為も認識していない」と述べ、「国連と米国およびEUの輸出規制や制裁法規制を含め、当該国の法規制は全て順守している」と強調した。

在カナダ中国大使館は、逮捕に断固として反対すると表明し、カナダと米国に厳正な抗議を行ったと明らかにした。大使館はウェブサイトに掲載した声明で、孟氏の即時釈放を求めるとした

孟CFOの逮捕後、在カナダ中国大使館は直ちに抗議し、米国とカナダが「不正行為を是正」し、同CFOを釈放するよう求めた。

■容疑は「イラン制裁違反」?

米司法省は4月、イランへの輸出に対する米国の制裁にもかかわらず、華為技術が同国に製品を販売したかどうかについて捜査を始めていた。

ファーウェイ広報によると、孟容疑者は米ニューヨーク州東部地区で何らかの罪に問われており、カナダで航空便を乗り継いだ際に逮捕された。

■米国主導で各国から閉め出されつつあるファーウェイ

□米国

米政府は同盟国のワイヤレス事業者やインターネットプロバイダーに対し、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器を使用しないよう説得を試みている。

日本やドイツ、イタリアなど米軍が基地を置く国での中国製通信機器の使用が米政府の懸念の1つになっているという。

□オーストラリア

オーストラリア政府は、同国の第5世代移動通信(5G)ネットワークの整備に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が参加することを禁じた。米国に倣った形で、中国政府のサイバースパイに対する懸念を浮き彫りにした。

□イギリス

ファーウェイはNCSCが求めた技術的作業には全て応えたものの、国家安全保障上の安全性については「限定的にしか保証できない(Only limited assurance)」とした。

英秘密情報部(MI6)のアレックス・ヤンガー長官は12月3日、セントアンドルーズ大学で講演した際に中国ファーウェイ(Huawei)を排除する決定を下すべきだとコメントした。

英通信大手BT(BT.L)は5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品を既存の第3世代(3G)と第4世代(4G)の基幹ネットワーク部分から排除し、第5世代(5G)のネットワークの主要部品としても使用しないと表明した。

□ロシア

露紙コメルサント(Коммерсантъ)は20日、政府担当者の話を引用し、同国の通信設備メーカー数社と業界関係者から、ファーウェイとZTEを含む外国通信設備の輸入禁止を提案されたと報じた。

□ニュージーランド

ニュージーランド政府が、大手キャリアSparkが提出した5Gモバイルネットワーク構築にHuawei製品を使用する計画案を却下しました。

■米国が問題視する「次世代通信技術での危機」

なぜファーウェイを排除しようとするのか。本当に「危険」なのか。その背景には、次世代移動通信「5G」時代到来によって増大する、中国の脅威があった。

1 2