出典 www.smile-works.co.jp

クラウド型

パソコン1台1台に販売管理ソフトをインストールするのではなく、インターネットを利用してソフトにアクセスします。
アカウントとインターネットにつながる環境があれば、端末や場所に関わらずソフトにアクセスすることができます。
さらに、複数拠点で同時に利用することができるのも魅力のひとつです。
それぞれの処理がタイムラグなく反映されるので、離れた場所にいても最新のデータを共有することができます。
また、運営側でメンテナンスやバージョンアップを行うため、新しくソフトを購入したり、ユーザーがアップデート対応したりする必要がありません。

この情報が含まれているまとめはこちら

【販売管理ソフト】まとめサイト

販売管理ソフトは、販売管理に携わる業務を一挙に効率化することのできる重要な役割です。販売管理ソフトを導入しようと検討している会社の中も違いは何なのか?とう疑問をまとめました。ソフトとシステムの違い、パッケージ型とクラウド型の違いなど。

このまとめを見る