1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『名探偵コナン 紺青の拳』も!2019年前半のおすすめ「アニメ映画」

2019年前半も「アニメ映画」の期待作が多数。『劇場版シティーハンター』、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』、『えいがのおそ松さん』、『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』、『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』。

更新日: 2018年12月13日

18 お気に入り 18765 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『劇場版シティーハンター』(2月8日公開)

原作の発行部数が全世界で5,000万部を超え、いまなお世界中で絶大な人気を誇る北条司の「シティーハンター」を映画化する『劇場版シティーハンター(仮題)』。

『シティーハンター』は法で裁けない悪と闘う“シティーハンター”こと冴羽リョウと、そのパートナーとして彼を支える槇村香の活躍を描くハードボイルドコメディ。

こだま兼嗣総監督のもと脚本を加藤陽一、アニメーション制作をサンライズが担当。冴羽リョウ役に神谷明、槇村香役に伊倉一恵というオリジナルキャストの続投で、現代の新宿を舞台にした完全新作ストーリーが展開していく。

◆『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年3月1日公開)

「映画ドラえもん」シリーズの39作目となる「のび太の月面探査記」は、月を舞台にした冒険物語。

のび太はドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国を作り、不思議な転校生・ルカと一緒にそこへ行くこととなる。

監督を務めるのは、「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」を手がけた八鍬新之介。また脚本は、幼い頃から「ドラえもん」が大好きだという直木賞作家の辻村深月が担当する。

◆『えいがのおそ松さん』(2019年3月15日公開)

赤塚不二夫のギャグ漫画「おそ松くん」を原作としたTVアニメの初劇場版長編作品。

物語は『6つ子たちが高校の同窓会に行くことに…』のみ明かされており、詳細は追って発表される。

テレビアニメに引き続き藤田陽一が監督を務め、シリーズ構成を担っていた松原秀が脚本を担当。また櫻井孝宏がおそ松、中村悠一がカラ松、神谷浩史がチョロ松、福山潤が一松、小野大輔が十四松、入野自由がトド松に声を当てる。

◆『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』(4月12日公開)

大ヒットアニメシリーズ「名探偵コナン」の劇場版23作目。劇場版シリーズでは初めての海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎と事件が巻き起こる。

江戸川コナンと“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドが、ホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件やシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくさまが描かれる。

本作でキーパーソンとなり怪盗キッドの行く手を阻むのは、杯戸高校・空手部主将の京極真。劇中では彼とコナン、キッドの三つ巴バトルも繰り広げられる。

◆『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』(2019年4月19日公開)

吹奏楽に青春をささげる女子高校生たちの姿を描いた人気アニメ「響け!ユーフォニアム」シリーズの新作映画。

1 2