1. まとめトップ

パワースポット神秘的すぎ三囲神社(みめぐり神社)が凄い!!【第1弾】

日本のパワースポット、不思議な力を探りたい。。。そんな中で始まったこの企画第一弾は以前から注目はしていたものの興味に赴くまま、よりのめり込んでみようと思います。浅草の近く、向島の三囲神社(みめぐりじんじゃ)!御朱印は白い紙に「強運」(「 ごううん」)と書かれたシンプルなお守りが話題になっています。

更新日: 2018年12月09日

3 お気に入り 3545 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いよいよパワースポットシリーズ第1弾!!

TER8さん

三囲神社の創立年代は不明ですが、平安時代に弘法大師が勧請したとされています。神社はその後荒廃してしまいますが、南北朝時代に近江国三井寺の僧侶・源慶が弘法大師ゆかりの神社という事で、荒廃していた社殿の再建に着手します。その際出土した壺を開けたところ。老翁の神像が収められており、どこからともなく現れた白狐がその神像を三度回って死んだことから「三めぐり」という名が付いたといわれています。

中でも大変珍しいのは「三柱鳥居」

これは、この世に最初に現れた三柱(さんはしら)の神様を表しているそうです。
日本書紀、古事記ともに三柱の神様が最初に登場します。
神様は数えるとき一柱、二柱といいいます。

昔むかし、この世界で最初に天に現れましたのは、アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)という神様でした。次に、タカミムスビノカミ(高御産巣日神)とカミムスビノカミ(神産巣日神)という神様が出現なさいました。この三柱(みはしら。※神様の数は、「柱」で数えます。)の神様は、そのお姿を地上には、直接現しませんでした。

神・・・柱は神・・・三浦春馬、三浦翔平、三浦大知、三浦知良(キングカズ!?)三木道三、・・・三つ葉葵、三井、三菱、三省堂、三人寄れば文殊の知恵、三本の矢、三幻神、三要素

この像は三越の旧池袋店から移したものだそうです。
大正の頃に三越呉服店を率いていた日比翁助という人がライオン好きで、三越本店にライオン像を置いたのが、三越のライオン像のはじまりなんだそうです。

三井グループを創設した三井氏の守り神。
三井一族120柱の霊が祀られた顕名(あきな)霊社がある。
「其角(きかく)雨乞の句碑」というのがある。松尾芭蕉の高弟・其角が詠んだ俳句が彫られている。其角が雨乞いをしている村人にその句を捧げたら、翌日雨になったという。

三囲神社は、三井家の氏神で、三井財閥の源は越後屋(三越)です。
三囲神社には、三柱鳥居と三つ穴灯篭があります。
三柱鳥居は上から見ると△があらわれるので、三角鳥居とも言います。△と▽をあわせると六芒星になりますが、ダビンチコードでは、▽が陰、女性を表し、△が陽、男性を表すという説を紹介しています。

三囲神社の御朱印は「強運」(「ごううん」)と書かれたシンプルなお守りです。

江戸時代には隅田川七福神巡りや桜の花見などで土手を散策する際のランドマーク的な神社でした。

こちらの京都 太秦 「蚕の社」は今後紹介する予定です!!!乞うご期待✨

京都の太秦には蚕の社(かいこのやしろ)というのがあります。
木島神社の同じ境内に「蚕の社」があるので、そう呼ばれています。
正式名称は木嶋(このしま)神社。
蚕の社には、三柱鳥居があります。
鳥居を3つ組み合わせてあり、柱が三本で、上から見ると三角形になっています。不思議な鳥居です。

なんと、5つ以上の三柱鳥居があるとか!?

①蚕の社(木嶋神社)の三柱鳥居 京都市右京区太秦
②三囲神社の三柱鳥居 東京都墨田区向島
③和多都美神社の三柱鳥居 長崎県対馬
④大神教会の三柱鳥居 奈良県桜井市
⑤穂積三柱鳥居 岐阜県関市洞戸奥洞戸 栗原底津丸山山頂
⑥大和町の三柱鳥居 岐阜県郡上郡大和町
⑦神山町三柱鳥居 徳島県名西郡神山町

お参りした後は美味しいものが食べたい♪

1