1. まとめトップ

官能、トラウマ語…Webライター必見!変わり種オモシロ辞書7選

官能小説で使われる表現を集めた辞書や、間違った読み方から意味を調べることができるウソ読み辞書など、一風変わった辞書を紹介しています。

更新日: 2018年12月18日

3 お気に入り 1847 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

クリエイティブな発想を刺激する?!ヘンテコ辞書をご紹介

ウソ読みで引ける難読語辞典

『ウソ読み』は当てずっぽうの読みで引けるというもので、「ちょうかん」から「長閑(のどか)」が引けるなどの例が挙がっています。

感情ことば選び辞典

ものは試しに、昨今よくネットで用いられる「尊い」を引いてみる。

すると、漢字語を中心に「使えることば」が出てくる出てくる。



畏敬、渇仰、貴重、仰望、欽慕、敬愛、敬意、敬虔、傾倒、高貴、高潔・・・。

なんと、「尊い」だけで20も「ことば」が収録されていた。しかも、それぞれに読み方・意味・例文付き。なにかと迷った時に活躍しそうだ。

巻末には索引が収録されているので、「この言葉と似た言葉ってなにかあるっけ?」というオーソドックスな類語辞典としても重宝の予感。

創作ネーミング辞典

約1000語のキーワードに8ヶ国語(※)の訳語をつけ、「戦い、冒険」「魔法、神秘」など8つのカテゴリーに分けて掲載。

本書の説明からして、中二病の予感…。

てにをは辞典

ブログや小説など表現方法を問わず、「この言い回しって正しいのかな」と疑問や違和感が多々あったので購入。手にする前は「使い熟せるか?」と不安も感じたけれど、それは杞憂だった。実際は執筆中に高頻度で頼りにするし、休憩中に適当なページを開いて「こういう言い回しもあるのか」って勉強にもなる。

官能小説用語表現辞典

本書は、2005年以前の数年間に発行された官能小説663冊の中から、官能小説に独特と思われる用語や表現をセレクトした用語辞典。約2300語を五十音順に整理し用例を示した、本邦初のユニークな辞典である。文庫化にあたり「絶頂表現」を付加

「絶頂表現」とな?!

性格類語辞典 ポジティブ編

キャラクター作りに必要な性格、「賢い」「お人好し」「決断力がある」などのポジティブな性格が多数収録されています。

1つの性格に見開き2ページで、ぎっしりその性格について記載されています。
性格の数は全部で99個もあるのでかなりボリュームがありますね。

トラウマ類語辞典

優れたフィクションとは、読者が共感できるような、信頼のできるキャラクター造形に深く関わっています。そうした人物とは、苦労し、疑念を抱き、人生の浮き沈みを経験しながらも、そこから「必ずより良いものになるはずだ」という信念とともに前を向くような人々のことです。物語において、キャラクターは成長と変化の旅に出ることになりますが、それらは多くの点で読者自身を反映しています。人生とは容易なものではありません。キャラクターたちが逆境や何かに挑戦するとき、あるいは内なる葛藤に向き合っているときは、それ自体が大きな共感を読者にもたらすばかりでなく、人生における忍耐や寛容、あるいは何かを諦めるということについて、読者に教訓を提示しています。

な、なるほど…。

1